ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。
頭上り隊・隊員No.23

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ



THANX
SUPPORT



OTHERS
皇帝ダリアに再挑戦!



皇帝ダリアに魅せられたのは、2年前の晩秋。
来た事のない道を車で通りかかった時に
ふとその可憐なピンクに心を奪われました。
見上げる程の茎の先に、いくつもの大きな花を咲かせます。

園芸店で苗を見つけて購入。
その年に地植えをして、1年2年・・・
今年、やっと1階の庇を超えて二階のベランダまでに成長し
秋が訪れると同時に、穂先にいくつもの蕾を付ける迄に至ったのですが
台風の強い風により、つぼみは全滅
それに加えて「自分は花が咲かない」と知った彼女は
自ら成長を止め、枯れ行く道を選び始めてしまったのです。




下葉を落とし、先端も茶色くなって
生への執着がなくなった、まるで私みたいだよ。。。
これでも茎は私の腕の太さ程あるのです。
根元はそのまま次の芽吹きまで持ち越して
茎を分断し、越冬すると
春には芽が出て発根もするんだそうです。




一つ節を残して越冬準備。
茎を切断すると、中は空洞になっていて
ジャバジャバと大量の水が流れ出てきました。
あんなに背が高いのに、穂先まで水を組み上げる力に
自然の偉大さを感じました。
育て方の検索をしてみたら、もっと背丈を抑えて花を芽を増やす事も
可能だそうで、上手に世話をして
今年の晩秋はどんな状態になるのか楽しみ!

・・・そんなね、花ひとつ咲かせるとか
小さくても楽しみや希望を持たないとね
人生少しは面白くなるんジャマイカ?


頂いたロマネスコ。
悪魔のブロッコリーと呼んでます。

興味本位で以前買ったけど、あんまり美味しくなかった。


バチが当たりそうですが
タントのおもちゃになっています(;´Д`)
私的にはカメラの被写体。
このあとどうしよう〜。
家族からも不評です。




ふわふわと細い毛が部屋を舞い飛んでいます。
タント、只今大換毛。
こたつの中に潜って寝ちゃうと
起きた時には、服にビッシリタントの毛!

嫌われちゃうけどブラッシングをしました。

案の定、ゴッソリ抜けます。
ほわほわふわふわ、束毛を丸めてタントに見せたら
「パクッ」って食べようとするので
慌てて引っ込めました。
100%ウールだよ♪
鼻を埋めてほわほわ感を味わっていたら
目に1本入ってしまって、う〜…ウザイ取れない異物感延々(泣)



ブログランキングに参加しています





 
NATURE... - -
そうだ、森へ行こう。


週明けは仕事がオフなので
疲れた心身をリフレッシュしようと
愛する愛する『都立水元公園』に行ってきました。

デッカイおにぎりを握って
水筒には自家製カフェオレに氷
カメラ、ハンカチ、腕時計・・・
家から11キロ、車で30分
大きな幹線道路を3回曲がるだけ。
東京とは思えぬ、広大な自然が広がる場所。
愛してやまない森、原っぱ、いのちの水辺。
疲れたり悲しかったりすると、ここへやって来ます。
森のフィトンチッドや鳥のさえずりが
なんと心を癒してくれることか。





まるでヨーロッパのようなポプラ並木。

ポプラの近くには水辺がある。
そう、並木の向こうは大きな池があって
花はこれからですが、スイレンや蓮の群生地になっています。
懐かしいウシガエルの鳴き声も
「うぉん、うぉん」と聞こえてきます。



たまらないねー!
両側に葦が密生している畦の一本道。
たまにキジが横切ったりしてビックリします。






ヘビイチゴ。
名前はオドロオドロシイけど
なんとも可愛らしい、親指の爪ほどの
小さな小さないちごです。





こう言う場所に来ると
休憩テントが欲しくなるなぁ〜♪
2980円位で風通しの良い、ちょっとしたお茶や昼寝が出来そうなやつ。
みなぼ〜ちゃんがたしか持ってたっけ?
私も今度買おう。
そして、タントも連れてこれたらなぁ。。。
いいなぁ。
ここ、美味しいモノ食べホーダイだよ、タントォ。





レジ袋を持参して来たので、葛もクローバーも
私の狩りの餌食に。
春の柔らかい葉が、たくさんたくさん収穫できました。

葉っぱは、お風呂場でジャカジャカ水洗い。
虫や埃を洗い落とします。
しっかり水を切って、生食用に冷蔵庫
保存食用に天日干しします。





タントや、タント
ほーれ、ほーれ、収穫祭だ☆






タントが満足げに寝ています。

タントも幸せ。
おかんも幸せ。



NATURE... comments(4) -
花魂 〜はなたま〜


引っ越し記念に植樹した、エンゼルトランペット。

毎夏、オレンジのラッパ状の花を楽しませてくれましたが
今年は新芽が伸びず、心配して様子見してたのだけど…
どうやらカビだかきのこの菌糸が茎全体に蔓延してしまったようで
手遅れどころか、とうとう樹木全体が朽ちていました(泣)


ジャングルのような、我がプチガーデン。



矢印がエンゼル。


触ると表皮がズルリと剝けて、皮をはがすと
茎の中身はベトベトに菌糸が糸を引いていました。

まるで腐海に呑まれた森の木々のよう・・・(©ナウシカ)

春先に少し芽吹いた新芽は、腐り落ちて全滅。
少し調べてみたところ、菌が辺りに飛び火して
周囲の植物にも影響しかねないというので
泣く泣くノコギリで切り倒しました。。。

方位学で言う、家の悪い方角「鬼門」に植えられ
ずっとずっと家を見守って来た樹木です。
夏の、東京のギトギトに暑い一日
夕方から漂う、清々しい花の香りが楽しみで
毎年酷暑を乗り切って来れたようなもの。
今年はその楽しみが無くなってしまったということで
なんだかちょっと絶望感・喪失感に陥っています。

夏の初めに花屋に並ぶ、同じ花色の苗を買ってきて
2代目として育てても良いのだけど
やはり、今まで共に過ごしてきた子でないとね。

ちょっとアンニュイなオフの日。





他の子たちに飛び火したら、更に犠牲は増えるから。
今いる子を守らないとな。。。(/_;)







いきもの先生タント氏に、なぐさめられて。




NATURE... comments(1) -
私の庭、タントのごはん。
 
王蟲は植物の根っこを食い荒らしたり
植えてある球根なんかにも潜り込んで喰ってしまうから
私にとっては害虫なのですが
コドモーラが幼少期、手に乗せてコロコロコロコロ
丸まる様が面白いって遊んでもらったから
むやみに殺生できず、イヤイヤ共存しています。

草むらにチョロチョロしているのがいるので
よく見たら仔カマキリ!!
今年も我が庭に発生しています。
ごんぞは大のカマキラーなので、熱烈歓迎ッッ♪
蜘蛛も好きよ♪♪♪






ベランダガーデンのクローバーがモッサモサしてきたので
すこし刈ってタントにあげました。

タント、マメ科の植物大好きね!
クローバーに葛にアルファルファ。
アルファ牧草は赤ちゃん用だから、タントには高カロリーです。
見ていて気持ちいいほど食い付きがいいのだけど
成体にはあまり良くないからもう暫くあげてません。
葛は夏まで待っててね。





バニーテールの葉がとても生き生きしています。

エノコログサ(通称ねこじゃらし・うさ食可能)の仲間だから
少しだけタントに見せました。
匂いを嗅がせたらもの凄く反応!
くれよくれよと、リンゴをねだるのと同じくらいに。

スルスルスルって素麺みたいに食べちゃった☆

そんなに好んで食べるなら、来季はもっと増やそうか?
タントガーデン、おおきなプランターでも買いましょうかね♪


NATURE... comments(0) -
鳥魂 〜とりたま〜







怪我をした野生のコ、しかもハネモノ
どうやって捕獲しよう?
とっても人馴れしている割には、手を出すと
「パコッパコッ」ってくちばしで咬みつくのです。
ハシブトカラスの口撃は、かなり強烈だよ。
運よく胴体を掴んだとして
「クワァークワァー」とけたたましく鳴かれても
困っちゃうしねぇ。。。
このまま自然界に残すべき?
木の上に止まれず、公園の東屋に棲みついているそうです。

猫の餌食にならなければいいのだけど。

鳥、好き。
もちろんカラスも、ごんぞは大好き。



NATURE... comments(3) -
バニーテール。


ようやく人にあげられる大きさに成長しました。

かわいいかわいいうさぎのしっぽたち。

こんなのが広大な自分の庭にポコポコ自生していたら

どんなにどんなに嬉しかろうね。

今日、お礼の使いとして 初めて旅立たせました。

うさぎとグリーンを愛する彼女 きっと来年には

もっともっと仲間を増やしてくれるかもね♪




NATURE... comments(2) -
アルパカ ティラミス フリスク シズル。
 


息抜きにホムセンへ行きました。
いろんな道具を眺めたり 新商品を偵察したり
値下げした冬商品の品定めをしたり
フードコートで買い食いしたり・・・♪
混雑するアミューズメントなんかより
私はホムセンの方が大好きです。

そして、もっとも楽しみである園芸コーナー。
華やかな春の花々が目の保養
もちろん、グリーンだけでも見て楽しんじゃうヒト。
新種を発見するため
かなり注意して眺めてしまいます。

初めて見る、ヘンテコリンな子を発見☆





面白い葉の形状です。

値段が・・・598円!
私にとってはちょっと高い部類。
コッソリ写真を撮らせてもらって、画像で堪能しようと
半ば諦めモード。
そのままホムセン内の「しまむら」へ流れましたが
安い服を手に取り、やっぱり諦めきれなくて
買おうとしていた服を投げ捨て
グリーンちゃんたちのもとへダッシュ☆






新しく私の元に仲間入りです♪

『アルプカスピラリス フリスルシズル』
南アフリカ原産の多肉植物。
多肉というのは、葉が肉厚の、サボテンの仲間っちゅーことね。






タンタンは食べらんないなー。
なんだかゼンマイみたいだね。





乾燥気味に育てて、肥料もそんなに必要ないそうです。
アフリカの子とは云えども、冬型球根なので
気温がマイナスにならない限り、外でも育つとか。
でも室内で過保護しちゃうんだー♪
可愛がり過ぎの水やり過多で、いつも多肉は失敗しちゃう・・・
気を付けないと。





鉢いじりをしていると、タントがいっつも
「構えよ、構えよ」と、足元ツンツン☆

これから春に向けて、グリーンに関わる時間が増えそうです。
その分、タントも遊んであげないとね。
怒られっちゃうモンね。




NATURE... comments(4) -
願わくば、緑に囲まれて。




昨年の春に作付けした、
タントのためのブロッコリー。
アブラムシによる被害も間逃れて
今になってようやく蕾が出てきました。
ちっちゃくても立派にブロッコリ。
畑のものより、葉っぱもはるかにミニマムだけど
下葉はしっかりタントのおやつとして
チビチビと役に立っています。



ここのところ
身内の不幸や、重篤な病が発覚した親戚が多く
死生観に関していろいろと考えを廻らせたり
また
自分がもしそうなった場合には
ジタバタすることなく 真っ向から現実を受け止めようと
ネットから離れている間
自分の思いを反芻させる時間に充てていました。
結果、やっぱり私は生きる事に前向きでは無いし
ましてや長生きなんてしたくもないし
タントをしっかり往生させられれば もうそれだけで充分。

でもやっぱり、親の介護やら
こどもたちが完全に学業を終えるまでは
多少は義務として見届けなくてはならないので
グリーンの成長や増殖を 日々の糧として
楽しみにしていくんべか…と
今日も私は土いぢりに没頭しています。





100均で買った、グリーンネックレス。
脇芽がポコポコ出てきて キラキラと美しいのです。 






「うさぎのしっぽ」のような可愛い穂を付ける
バニーテール。
昨年、鉢で買ってきたものの落ち穂を
土に埋めただけですが、発芽して集落を作りつつあり
毎朝ベランダにてじっと見つめては ワクワクニヤニヤ♪
自家栽培のバニーテールを夢見て
年寄りの生きがいとしています。


生きがい、もひとつ。





瑠璃玉あざみ。
青くてトゲトゲの、私の好きな花のひとつ。
(詳しくは別ブログにて写真UPしています)
ホムセンで苗を見つけて、速攻で2株買いました。
ロゼッタ状に葉を伸ばして 只今順調に成育中です。


青い花・・・見られればいいなぁ。


ドンダケ疲れ(憑かれかも!)ちゃってんだろ、ごんぞ。


NATURE... comments(3) -
星降る庭。



夕方4時辺りになると
網戸にしている居間には
甘い香りが漂います。




家を買った2000年に
記念樹として植えた 
エンジェルトランペットの苗
初めの3年くらいは花が咲かず
心配したものですが
要するに肥料の与え過ぎで
葉ばかりが生い茂ってしまったのです。
手間をかけずに水だけは切らさなきゃいいと言われ
放っておいたら4年目には蕾を付けることが出来ました。
去年はポツリポツリな開花でしたが
今年は鈴成り状態です。
下から仰ぐように、カメラを覗けば
まるで空から星が降り注ぐような
幻想的な光景。






日中は休憩しているのでしょうか
決まって夕刻から夜中じゅう、強い芳香を放ち
朝になるにつれ香りがだんだんとおさまるのです。
百合と生姜を合わせたような
清純かつスパイシーな香り。
疲れが出る夕方には
この香りで頭がスッキリ、そして深呼吸をして
香りを堪能しています。







夕方、タントも外に向かって鼻をフゴフゴ。
毎日へっぴり腰で網戸に近寄っては
ひらひら風に揺れているトランペットを

「あれ、一体何なの???」

みたいな顔をして眺めています。

今日が満開。
明日にはオレンジ色に変ったと同時に
花が萎れて、ポトンときれいに
額から花が抜け落ちるのです。

今年は4回に分けて開花してくれました。
最後の花は、花火大会のスターマインのように
豪華絢爛に咲き乱れています。
花が落ち、やがて葉も枯れ落ちて
伸びた枝を思い切り切り戻したら
いよいよ冬籠り。
来年春の芽吹きまで、冬眠期です。

一度、白蟻に幹の中を喰われて死に掛けましたが
見事に復活!
さすが、奇跡を呼ぶ「天使のラッパ」です。



ブログランキングに参加しています









NATURE... - -
花に教えられて。


農業公園に咲いていた 『ムラサキケマン』。

雑草です。今の季節に日本の至る所で目にします。

この花の事を知る前は、何気なく紫の花があるなぁ・・・という位で

特に気にも留めませんでした。

もしかしたら知らず知らずのうちに踏みつぶしていたかも知れません。

どこにでも咲く花だそうで、震災の後の瓦礫の山にも

確かこの花が咲いていたのがテレビで映し出されていました。

雨に打たれただけで倒れてしまうとても弱い花ですが

陽が差すとスッと起き上がり、元に戻るそうです。

そして1本ではとても弱々しくとも、まわりに仲間がいると

すぐに立ち上がる花だそうです。

そんなムラサキケマンの花言葉は

 「あなたの助けになる」

雑草でひとくくりにされてしまう花ですが、

そんな素敵な花言葉があると言うことを知って

この花をそっと心に植えました。

雑草にもひとつひとつかけがえのない名前があります。

精一杯咲いている道端の花の名を知ろうとする心の余裕

もっともっと気持ちを穏やかに、そして心豊かに生きたいのです。

ホントはね。





今日は朝から電話でわがままを言う母にキツイ言葉を浴びせてしまいました。

叱るとボケが進行する、わかっているけど自分の感情を押し殺して

やさしく諭す…ダメダメ、なんだかそんな余裕なんてなかった。


ケマン、ケマン、ムラサキケマン・・・

あの花の花言葉を思い出す。

「あなたの助けになる」

あの人は私の助けになってくれただろうか?

否、ただ親としての義務を果たしただけ。

これまで受けてきた恩恵よりも、親に尽くした度合いの方が多いかも。

・・・そんな考え方をするようでは、まだまだケマンに負けますね。




このコは「耳長豆柴」という犬だと思っていたら

「耳チュアダックス」だったとかって ワンッ☆

ソファで寛ぐタントのヘンポーズ、前足の短さが可愛いなぁ。


うさぎさんは人の心を見透かす天才かも知れないね。

時々噛まれるのも、私の中にタントに対する恐れがまだあるから。

ちゃぁんとタントは見てる。彼はビビリだけど、それ以上に私も臆病。

噛まれるとやっぱ痛いから、撫でる時も少し遠慮がちなので

「もっと俺を信用しろよ!」って怒っているのかもしれません。

私の助けになるためにやってきた子。なのに恐れてしまってダメごんぞ。

とまぁ、いろいろ反省しているワケですわ。。。



ブログランキングに参加しています





NATURE... - -
<< | 2/4 | >>