ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
金魚垢

表示修正しました
現在水槽3本
金魚11匹です
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

2019.10.20 月へ旅立ちました。

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。

頭上り隊・隊員No.23

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ









THANX
SUPPORT
OTHERS
明日を一緒に迎えよう

 

同じく闘病生活を送っていたりりちゃんが旅立ちました。

彼女は最後まで頑張り屋さんで賢くて優しくて

同居のワンコ、こころちゃんの大手術からの復活を

きちんと見届けてから

「ママをお願いね」って

後を託して逝ったんだと思います。

動物さんは本当に優しくて慈悲深い。

 

りりちゃん、お疲れさまでした。

ずっと家族を見つめて、そして見守って

「もう大丈夫」って声が聞こえてきそうです・・・

そうね、きっと大丈夫!!

安心して兄うさ・まるちゃんに報告して下さい。

今までがじゅうママのフォローをありがとね!!

 

 

 

植樹以来、初めての3番花が開花しました。

天使のラッパのようなエンゼルトランペット

夜、いい香りが漂ってきたな…と窓を開けたら

闇夜にふんわり月のように咲いてくれました。

甘くてスパイシーなジンジャーリリーの芳香を

天に向かうりりちゃんに捧げます。

蕾を確認した時点で驚いて

「絶対一緒にお花を見ようね!」って

先週交わしたたタントとの小さな約束

その願いは叶いました。

 

 

 

タントは野菜オンリーの生活から2週間目。

調子の良い時はユラユラしながらも

足を踏ん張って食事が出来ます。

こうしてみるととても病気とは思えません。

主治医からも「9歳なのにとても若く見えますよね?」と

見た目はお墨付きを頂きました。

でも・・・

牧草を食べないとコロコロとした乾燥した糞が作れません。

歪なベタベタな糞に加えて

認知症なのか排尿の意識が分からなくなったようで

起きていても寝ていても失禁が続いています。

 

なので薄手の敷物は毎日洗濯を欠かせません。

匂いも出るし、タントにも不衛生は禁物だから。

ここのところ晴天続きで助かりますが

雨降りだったら困るのでもう一枚替えを用意しようかな。

 

 

 

時折私の横にふらりとやってきて

寄り添って居眠りをしてくれるのですが

ふとお尻が気持ち悪いのか

起き上がるとこんな感じです。

 

 

 

「あ〜あ」とコドモーラ。

いーのいーの、敷物は洗えばいいけど

タントは唯一無二だもの。

こんなドタバタも思い出になっていくのね。

 

明日は今日より良くなることは決してないけれど

生きてまた明日会いましょう。

 

明日も「おはよう!」を言わせてね、タント。

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
きっと最後の「うさぎのしっぽ」

 

「うさぎのしっぽ」の帰り道

赤信号で止まって見上げた秋の空

広く高く 雲はやさしく。

私の父も母もこんな季節に調子を崩したので

季節を楽しむことよりも

気持ちを大きく揺るがすような

もの悲しい季節です。

 

 

 

今日は少しだけ元気があって

キッチンの私の足元まで遠征に来られたタント

今日はね、最期の砦を買ってきたよ。

「チカラのちから」

4320円とかするサプリメント。

同じく不調と闘うがじゅうさんとこのりりちゃん

タントと同じ9歳で、これを病院から勧められたそうです。

LINEで互いに励まし合って

私たちもいいお年頃だから身体に気を付けようねって

讃え合いました。

 


 

「うさぎのチカラ」と「チカラのちから」2種類あって

通常バージョンともいえる「うさぎのチカラ」は3564円

パッケージも庶民的なおねいさんと日本白色種

 

 

アンゴラ種を抱く深窓の令嬢パッケージのほうが

効きそじゃね?

 

懐の余裕はないけれど

命が掛かっているんだもの・・・

より成分を強化した高い方を選びました。

ネットで検索したうえでは

若返ったみたいとか毛が生えたとか

小さな不調が改善されたなど良いことづくめ

なかなか称賛を得ているようですが

いつものように「うっそだぁ~」

なんて思うよりも

善は急げ、一秒でも早く 溺れる者は藁をも掴む!!

タントはそういった状況です。

 

 

 

 

食べない。

 

(;一_一)

 

 

粉砕してペーストにし、葉物に巻いてごまかしました。

食べ物かなり限られてきていますが

まだ自分から食べる意思があるだけでも良いとしよう。

 

・・・でも

 

とうとう大好きな葛の葉を受け付けなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
KEEP KEEP

 

まだ・・・

 

ケージから出て居間で家族と一緒に過ごせているだけでも

良い方だと思います。

先週のタントはケージに閉じこもりっきりで

何もしたくない感を醸し出していたので。

 

今のタントにはトイレの認識がなくなってしまったようで

部屋んぽ用に置いてある犬用トイレは使われることなく

シートは綺麗なままなのです。

寝たままシッコが出ていたり

部屋のど真ん中で

当り前のようにしっぽを上げて排尿していたりで

気付いた人は雑巾で拭き取ってね~と暗黙の了解。

 

 

 

古くなった台所用の布巾を新調し

それをタントの下処理用に下ろしました。

すぐに使えるように部屋干しぶら下げモード。

ティッシュを大量に使うより、洗って何度も使えて

おまけに使い古したものだから給水力もとてつもなく良いのです。

なんか懐かしい、おむつで育てた育児の頃を思い出します。

 

 

 

夜間や私の出勤日にはケージの中で過ごすため

トイレをバリアフリーにしました。

うさぎ用のスクエアタイプは高さがあったり小さかったり

ケージ内ではもう邪魔くさかったので

この際取っ払ってゆったり過ごしてもらいましょう。

「この場所がトイレ」という認識はあるみたいなので

そこは尊重して。

 


 

何度も何度も臀部を拭いてタオルドライはしているのですが

やっぱり寝たままシッコでグショグショになってしまいます。

うさぎのしっぽ、こんなに細いし長いんだな。

自慢のコットンポール、今ではショボショボになりました。

 

今の食餌

ペレットはどれも全く受け付けず。

乳酸菌のタブレットとアクティヴEは気が向き次第

えん麦は数粒程度で要りません。

大好きだったおやつ『毛玉ケア』は半分齧っておしまい。

青パパイヤも飛び付くほどではなくなり

アルファルファや牧草3番刈り等、柔らかい牧草は見向きもせず。

乾燥葛の葉、琵琶など、パリパリしたものを好みます。

日中全く食べない1番刈りは夜間なぜか減っていて

翌朝、食べてくれた形跡を目にしてはベタ褒め!!

 

先週よりはまずまずの良い状態ではあるので

このままキープ出来たら良いな。

一緒に頑張ろうね!! タント♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
前進あるのみ

 

野菜室は常に野菜で充満。

タントの野菜食に偏りがないよう

常にいろんな野菜をとっ替えひっ替え買って来ます。

トイレ以外にあちこちにチビるし

場所を変えたと思ったら下痢のシミ。

なのでカーペットの上に敷いた2畳半のフリークロスは

毎日洗濯して取り換えています。

また、抵抗力もかなり落ちてきているので

毎日の掃除機掛けはさらに念入りに隅々まで丁寧に。

 

うさぎを看るということ

いや、言うまでもありませんがうさぎに限らず

生きものを最期まで面倒をみるということは

それ相応の覚悟が必要です。

 

 

 

 

正面顔の違いがなんだか寂しかった。

18日の最後の通院日の前日は、食べないといっても

まだまだ活力があって若々しかったのに

先ほど撮ったタントの憔悴感ときたら。。。

病院に連れて行く毎に、うさぎ年齢2年分歳を

吸い上げられるとわかった(笑)

 

私は洗濯も掃除も大好きだから

ぜんぜん苦でもないし、まだまだ介護を頑張れるよ。

だからタントも精一杯生きること!!

 

 

 

 

エンゼルがほら

今年は3回目の蕾を付けてくれている。

あと一週間ほどでオレンジのラッパみたいな花を咲かせてくれるよ!

これは絶対ふたりで観よう。

 

 

 

大好きな彼岸花もニョキニョキ花芽を伸ばしてきました。

いつもはきっちりお彼岸には満開になる花なのに

今年の長雨と酷暑で、どこのも例年より開花が遅れていますね。

 

植物や金魚たちの世話もあるので

いい気分転換となり、平常心を保っていられると思います。

もしタントだけなら哀しくて塞ぎ込んでしまうだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
マイペースで良いんだよ。

 

ゆっくりゆっくりタントの時間が流れていきます。

 

慌てず騒がず、自然のままに。

食べられるものだけを食べて

あちこちにお漏らしが絶えませんが

やがて私もたどる道

嘆かず黙って処理をして(^^;)

しかし、野菜ばかり食べているので

水分排出量がハンパありません。

 

 

 

久しぶりに伸び伸びモードのタントが見られました。 

 

ずっと体勢は箱座りだったから

体調はまずまずだと思います。

汚れたお尻も自分で処理して

見違えるほど綺麗になりました。

本当に手のかからない子で親孝行者だよ、タントは(;_;)

 

 

 

ウンチはたったこれっぽっち。

 

でもようやく通常の6割方のまんまる型です。

いつもやんわりで不規則な歪なものばかりだったから

お腹の状態は少しは快方に向かっているね。

 

怒られない程度に抱き上げると驚くほど軽く

抱えた両脇もゴツゴツとすぐに骨格が確かめられるほど

タントは小さく小さくなりました。

それでも生きることに前向きな子です。

 

 

 

これは今年の春?

大好きないちごを食べた後のタントです。

たった半年で急にオジイになっちゃったなぁ(笑)

 

うさぎのしっぽから頂いた

「うさフェス」のパンフレットをめくっていたら

恒例の写真パネルの募集があったので

採用は抽選ですが、早速WEBにて画像を送り込みました。

 

たぶん・・・

今年は私とタントにとって最後の「うさフェス」になるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
タント、本当はやさしい子。

 

 

勤務後疲れてクッションにダァーッッ!としていたら

何やらツンツンと小さな呼びかけ。

 

「タント、なあに?」

 

お腹、空いてるの?

痛いところはない?

お望みとならば出来る限り何でも致しますよ?

 

いつもなら絶対ガブッ☆とくるだろうに

今日はなんだろ

チュッチュを何度でも許してくれる。

ひとしきり口撃を浴びせたところで

最後にタントからシャツをハムハムしてくれて

嬉しいかったり

少し寂しかったり・・・

 

今日も生野菜ばかりの食事でした。

 不正咬合になるとか言ってる場合でなく

タントのぐらついてるであろう奥歯では

もう牧草をすりつぶすのは無理なのだと思います。

 

それなのに…

こうして少しでも長く、短くても濃く

タントに愛情を注いであげると

すぐにゴリゴリゴリと奥歯で

「うれしい」 「ありがと」を

返してくれる。

痛いだろうにな。。。

 

珍しいくらい私に寄り添ってくれた後

ヨロヨロと足取り弱く立ち去って行きました。

 

 

からだ、シンドイはずなのに、タントがやさしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
まだ地球に滞在してても良いそうです。

 

栄養不足もあって更に脱毛が進みました。

 

ハゲ散らかしてもいい

命あっての物ダネ!

ほんとうに ほんとうに(ToT)

 

タントは只今小康状態を保っています。

 

 

 

牧草もペレットも受け入れず

食べるもの…食べられるものは生野菜

水菜、小松菜、人参、かぶ、大葉、サラダ菜

それと主食みたいにかぶりつくのがキャベツです。

 

摂りすぎてはいけないものも中にはあるのでしょうが

牧草とペレットを口に出来ないシニアうさぎには

食べてくれさえすればもういいのです。

奥歯がぐらついているらしいですが

麻酔して抜歯をすることを考えたら

死と引き換えになり兼ねないうさぎには

摂取過多になろうが他臓器に影響しようが

1日でも長く普通に生きる時間を伸ばしたほうがいいと

私は選択しました。

そして死にそこなった以来、命を繋げた乾燥葛の葉と枇杷の葉

タントと私の「神2‼ 」です。

現在「主食が生野菜生活」3日目に突入しました。

 

 

最初の強制給餌後のタント

下痢を撒き散らしながら逃げた時は凄かった・・・

 

 

お尻を洗ってあげたいけど

捕獲したらまた調子悪くなりそう。。。

気になるけど放置してたら

 

 

汚れた箇所の毛を自分でむしり取って

かなり綺麗になっていました。

毛を食べちゃわないかと心配だったけど

ちゃんとペッペして集めてあります。

偉いなぁ〜!

まだまだ現役うさぎとしてのたしなみは

忘れておりませんぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
秋の空に力をいただく。


空は青、木々は緑

私のエンゼルトランペットはタントを応援するかのように

植樹以来初めて3番花を咲かせる蕾をつけてくれています。

気分転換に秋の剪定をしていたら今朝気付いて驚きました。


クチナシに付いたオオスカシバの幼虫は

駆除することなくそのまま育てて

今年は何と8匹も育ちました。

人差し指大の大型いもむし、初めはゾゾーッとしたけれど

日々観察をしていると愛おしくなるものですね。

私の育てた葉を食して成長し、大変身を遂げてやがて大空へ。

見上げいた世界が俯瞰からの世界に変わる。

クチナシの花と香りを楽しみたかったのに

今ではオオスカシバをおびき寄せる鉢になってしまいました。

葉が無くなった時の予備も含めて3鉢も(笑)

 

ドアの外には此処彼処にいきものたちの営みがある。

何と素晴らしい世界でしょう。

 

 

 

それにしても今朝の秋空の何と綺麗なこと!

弱々しく揺れる命の灯を目の前にして

「なにも心配することはないよ」って

教えてくれているようです。

 

忘れた頃にすっといつものペレット+サプリ+雑穀食を

タントに差し出したところ

確かめるように長い時間匂いを嗅いだ後

ほんの少しだけど食べました。

 

皿に向かうタントの後ろ姿

なんて尊い!

 

今の主食は生野菜。

だけどこの数日何とか口にしてくれたのが乾燥葛の葉。

マメ科の植物はタントにとって禁断のモノなのだけど

これこそ唯一タントの命を繋ぎ止めた食べ物です。

カロリーが高いということも効果があったのかな?

夏の間に刈っておいて本当に良かったと改めて思いました。

うさぎは胃腸の動きを止めてしまったら

それこそ死に直結してしまいますから。

 

しかし牧草はほんの数本しか食みません。

これだけでよく命を繋いでいるなぁと感心します。

 

 

勤務先ではちょくちょくサボって

自宅のwi-fiカメラを監視していました。

こんな風に映ります。

 

 

カメラを上下左右に遠隔操作出来て

ズームでなんとなく様子を伺えます。

 


 

ケージの真正面に設置できればよいのですが

良き場所がないので

キッチンの食器棚の上からの光景です。

カメラを操作すれば机上の金魚の様子も見られます。

 

 

昨日部屋を汚すほどに出た大量の下痢は収まり

今日は小さいけれど小粒の糞がちらほらと。

全く出ないわけではないので良しとしましょう。

ケージでも部屋に出してもじっと丸まっいますが

今口に出来る野菜と干し葛がタントの命綱です。

一歩一歩歩みは短くても

今日より明日は・・・と願うばかりです。

 

 

 

 

 

 


 

 

RABBIT... - -
出来ることなら地球滞在延長料金、払います!

 

きっとこれが最後の病院。

とても軽くなったタントをいとも容易く捕獲して

抵抗する力が本当に弱くなったのがとても哀しく。

 

医師は断定しないけど

タントの病気はきっと「胸腺腫」

罹患後いよいよ毛が抜け始めると悪化の傾向らしいです。

タイムリーにも今年のうさフェスで

昔お世話になった進藤先生が

この病気についてお話しされるそうなので

興味のある方は是非に。

 

今回はもう診察もスルー。

とにかく食べさせろと強制給餌のレクチャーを受けました。

先生は神妙な面持ちで

「また2週間後に来て下さい」って言われたけれど

今度来るのはもう無いだろな。

帰りに受付の看護師さんも

「次のご予約は?」と尋ねてこなかったので

もうこれで終わりにしようと決心しました。

病院イヤだもんね、タント。

その辺り、前兎で経験して察しているので

もう覚悟はできているのです。

 

 

 

帰宅後野菜と乾燥葛の葉は口にしたので

食べるのを見届けたあと、やっぱり出勤しました。

その場にいたらわんわん泣いてしまいそうだったから。

仕事中、とてもとても心配だったけど

少しは気が紛れるし体も動かせるので

自分をほんの少しリセット。

 

 

 

帰宅後、真っ先にタントを確認。

 

ちょこんと座ってた。

けどケージ内の床は下痢でメチャクチャ。。。

もちろん下半身も汚れています。

雨の中、床材を外に出してホース片手にブラシでゴシゴシ。

タントを部屋に放つと下痢を撒きながら居間惨状。

夕餉の支度前にウンコ掃除

買い物袋の中から水菜をもぎ取り

タントの前に出したら食べてくれました。

これもすぐに下痢として出て来ちゃうのだろうけど。

 

 

 

衰えを目の当たりにして

泣きたいのに泣けない胸苦しさに押し潰されながら

強制給餌の支度をしていきます。

 

 

 

お湯とリンゴジュースで溶きましたが

味見したらマズかった・・・

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
汚しても洗えば良いけど、タントは唯一だから

 

昨夜

ケージの中の牧草はもう食べません。

 

部屋に飛び出た際に気分転換でどうかと

袋から取り出したばかりの牧草を盛ってみました。

少しだけつまんで食べる程度でニンジンも完食できずに残します。

あり得ない。

生野菜を残すことなんてこれまで無かったから

良くない状態だな。

試供されたペレットも全滅で

果汁でふやかして砕いても見向きもせず。

 

ケージの上、私の心境を物語る。

なにか口にしてくれればと

市販の牧草を片っ端から買ってしまいます。。。

 

今日は朝から水溶便。

部屋に放ってから失禁と下痢の掃除で

雑巾何枚使ったことやら。

 

会社・・・休みたい(泣)

その前に11時から予約を取っていたタントの受診。

結果次第で職場の皆さんには迷惑をかけますが

有給を頂こうかな。

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
<< | 2/155 | >>