ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。
頭上り隊・隊員No.23

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ



THANX
SUPPORT



OTHERS
水元公園は東京のリトルカナダなのだ!

 

秋晴れの気持ちの良い日

春以来の水元公園にパワーの補充に行ってきました。

紅葉は少しずつ始まりつつあります。

 

 

 

大好きな大好きなメタセコイヤの森

 

紅葉を待つばかりか

この前の台風で塩害?すでに枯葉が目立ちます。

町中の街路樹もそうだけど

海から巻き上げられてきた塩分を含む雨で

殆どの樹が片側ばかり枯れているのです。

ここもそう。

セコイヤもラクウショウも楓も桜も

樹という樹はみんな片面枯葉状態・・・

12月に入ってからの燃えるような赤い森が

今年は楽しめるかどうか心配です。

 

 

 

前に記した私がファンである樹を紹介。

槐(さいかち)の大木です。

木辺に鬼って書くのがオドロオドロしくて字も覚えちゃった。

 

 

何でそんな名前になったのか

木の実を見るとなーるほどってね。

葉はエンドウ豆のようなやさしい形をしているのですが

タネを含んでいる実がすんごく奇妙な形なのです。

らせん状に戸愚呂をグルグルと巻いて

色は黄色と茶色の縞模様。

まるでしましまの蛇の大群が木にぶら下がって

今にもボタボタと堕ちてきそうな光景です。

 

この公園を訪れるたびにこの樹に会いに来て

幹を触って見上げて挨拶。

そして抱きしめ自然のパワーを頂いてます。

 

 

 

日が傾いてきた時の森もまた格別。

森の中、所々ベンチがあるので

ふかふかの地面に足を預け

フィトンチッドを深く深く吸い込む。

 

 

そんな中でのランチはたとえコンビニのサンドウィッチでも

格別に旨いのです!!

セブン限定の「マスカットオレ」またもうましっっ!

 

 

 

広大な公園の一角に樹木の甫場(ほば)があります。

道路の拡張や掘削工事などで抜かれた街路樹を大切に保管している

樹木の保養所みたいな処です(^^)

工事前に抜かれた後、細かく刻まれ廃棄されるのかな?って

いつも心を痛めていたのに

こんな場所で大切に保管されていたなんて…

この事を知った時は涙が出るくらい

この公園が好きになりました。

 

イチョウ、ハナミズキ、プラタナス etc

街路樹チーム、手入れバッチリで

みんな元気に過ごしています。

居心地良すぎて元の場所に帰りたくないだろな〜

。。。

 

 

 

舗装されていない土の道

池のほとり、柳の枝がやさしく揺れて

秋の澄んだ空気と野鳥の鳴き声が

都会の喧騒を忘れさせてくれます。

まるで「赤毛のアン」に出てくるような小道。

マシュウが馬車に乗って向こうから迎えにきたら

私はもう死んでもいーわ♡

 

 

水辺にはポプラ並木。

青く高い空にまっすぐに伸びる姿に

自然と背筋もピーン☆

「死んでもいーわ」って書きましたが

コドモーラには私が死んだら

遺灰を少しここの森に撒いてくれって頼んであります。

実行しなかったら祟るからなッ!て脅してあります(笑)

それくらいこの公園が好き。

 

 

 

これまではタントのおやつの野草狩りに訪れていましたが

シニアのタントは胃腸虚弱気味のため手ぶらで帰宅しました。

草原を歩き回ったので私は草の香りにまみれていて

タントからくんくんと取り調べを受けること数十分!

 

自然のパワーを頂いたけれと゛

何しろ大きな公園ですので歩き疲れてグダグダです。

 

寝ますッッ!!

 

 

 

 

 

NATURE... - -
それでも暑い。

 

日曜とは打って変わって清々しい陽気です。

湿気も少なく、空は快晴で

これぞ秋ッッ!!

って感じですね。

 

なのにタントは浮かぬ顔。

 

午前中、ちょっと下痢が続いていたけど

なんとか玉になってきて調子を取り戻してきました。

なのにまだお腹が痛いの?

 

いーえ、この場所にベターってなってる時は

暑いらしいのです。

 

 

・・・しかし、なんちゅう格好(笑)

 

 

 

 

体感温度はニンゲンと全く違うのだァ!!

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
危機管理も大切だよね。

 

タントさん、昨日は一日ゲリッちょモードで

私はティッシュと霧吹きを両手に持って

タント専属の掃除屋に徹していました。

台風に伴う湿気と、また夏が戻ったような天気で

秋なのに窓全開で室温32℃!!

トイレでベチャベチャ、茶の間でベチャベチャ

ついでにシッコも垂れちゃおか

気づかず踏んづけ被害拡大。。。

私も辛い頭痛、しかも腰痛が連動し

折角の休日はとてもドイヒーな1日でした。(泣)

タントも私も気圧の変化に大変敏感なオトシヨリです。

 

 

タントの後ろには水を詰めたペットボトル

特に入れ替えもせずオブジェとなっていますが

もしものときには飲み水にはならずとも

トイレを流すとか洗いものに使うとか

あれば結構便利かと用心しています。

金魚たちを迎えてからは、水の重要性がさらに強まり

掲示板のアクアスレでも、度重なる災害で

飼っているおさかなが大変な目にあったという事で

深く心を痛めています。

 

 

 

 

夏の間、素足で過ごしていた時には知らん顔だったのに

私が靴下を履きだしたところ

タントがクンクンしに来て足の甲に抱きつきサカリます。

去勢済みなんだけどねぇ(笑)

でも今年は様子が変…

マウントした後に、タント氏しばらく呼吸が荒くなり

私はドキドキ!!

歳のせいもあるんだね、面白がって抱きつかせていたけれど

ちょっと控えなきゃならないな。

 

この先私が不在時のタントの心配もあるし

いのちのエリアが一箇所に固定されているので

外出中でもちょくちょくチェックができるよう

ペットカメラを導入しました。

 

 

5000円程で中々のクオリティ。

専用アプリでwifi下ならどこでも見れるし、

夜間も赤外線で管理できます。

 

 

上下左右にアプリでカメラを遠隔操作できるので便利。

タントと金魚をいつでも見られる位置に設置しました。

 


流石にズームをすると画像が粗くなりますが、許容範囲。

 

 

最近ごはんのあとに、ぷか〜っと浮かんで沈めなくなる

「転覆病」の気配がある金魚たち。

水底で落ち着いているのが確認できます。

長く浮かんでいると、水面から出た背中が乾燥して

大事に至るって知りました。

 

 

地震や水災害、平成最後の夏は苦難の連続でした。

逃げて助かりたいなんてこれっぽちも望まないけど

生きものたちの為に世話係としてがんばって生き残らなきゃね。

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
いなくなったミッシュちゃん・・・

 

絶対飼えない

というか、飼いたいけれどお迎えする状況・環境ではないときは

ファンになるのです。

ファンになって時間のある時にその子に会いに行くという手段。

哀しいかな、売られている子だから

ある日突然いなくなっちゃって悲嘆に暮れる事もしばしばで。

 

行きつけのホームセンターのペット部門にいた大型うさぎの女の子

フレミッシュジャイアントという種類だから勝手に

「ミッシュちゃん」

と名付けて、買い物ついでに会いに行くのを楽しみにしていました。

大人しくて可愛くっておっきくてモッフモフで。

私がサークル付近に立ち寄ると

ドスッドスッてお昼寝から起きて

駆け寄ってくるまでになって、とても嬉しくってね。

大なり小なり、撫でられて気持ちの良いトコは

オールラビッツみな同じで

それをわきまえて撫でまくってたからエラく仲良しになりました。

 

ところがある日、姿が見えません。

 

 

 

牧草は片づけられてるけど

ミッシュちゃんの立派なうんこ玉は残されたまんま。

入院? それとももしかしたら!?

って、どんだけ不安になったことやら・・・

 

 

あまりにも小さすぎるケージの上に一片のメッセージ。

 

 

本当に売れて、ちょっぴり裕福なご家庭に迎えられ

広いエリアでのんびりと幸せに暮らせているなら良いけれど。

 

此処に居たころは小さな子から

「起きろー!」だの「動けー!」だの

お昼寝していても大声で騒がれていてとても可哀想だった。

それを止めない母親にも私はイライラしていました。

ストレスで病気になっていないかな?って

いつも心配していましたが、私には口出しする権限はないし。

 

パウチしてまでメモを残してくれた店員さんの言葉を

今は信じるしかありません。

彼女が安息の日々を送れるようにと祈ります。

 

 

そしてここにも御贔屓にしているチビッコ(笑)

金魚部門。

 

 

金魚コーナーの赤い琉金ちゃん。

 

仕入れたてなので、しばらく調整中の子たち。

卓上の私の金魚が白と黒のモノトーン金魚なので

1匹赤い子を迎えたいところ。

物色しててちょうどよい大きさの子たちを見つけたのです。

赤いボディなのに顔だけ白い子に目が留まる。

おしろい顔に赤いアイシャドー、まるで花魁みたいな子。

 

 

 

早速名付けて「マイメロちゃん」

 

サンリオのキャラクターで、赤い頭巾をかぶったうさぎのコ。

 

 

こんなようなね(*^^)

 

束の間のファンだったなぁ。

 

「よし!次の休みに行って販売可能だったらお迎えしよう!!」

 

と思っていたけれど、またもやいなくなってしまった。。。

他の真っ赤な琉金たちは800円と値を付けられて

ゆらりゆらり泳いでいたのに、ションボリ。

中途半端な模様の子は弾かれるか売れ残るかなのに

どうやら私みたいなもの好きに連れ去られてしまったようです。

 

あーあ仕方ないね、ある意味個性的で目立っていたもの。

あの子がいたら私の水槽、とっても華やかになりそうだったわ。

なんて少しの間、夢を見させてもらいました。

 

みんなみんな幸せであるように。

 

生きもののほか、都内の公園に植わっている樹木にも

私のお気に入りの樹があちらこちらにいらっしゃるので

健康促進がてらファン樹木に会いに行くことも

最近の楽しみでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAIRY... - -
秋深まりつつ、パパイヤが乾かねぇ〜っ!!

 

球根を植えかえすと2.3年は花が見られないって聞いたことがあります。

 春頃メルカリで買った白花彼岸花の球根

5月に届いたまま、すっかり植え忘れていたのがあって

先日みつけたジップロックに閉じ込められたこの子

袋を開けたら茎がぐにぐに曲がってしっかり生長してんじゃん!

慌てて鉢を用意し土に埋めてあげました。

 

二日後にはつぼみまで付けるほどグンと伸びて

とうとう立派な花をお披露目してくれました。

春の桜に加え、秋は彼岸花が私の大好きな花です。

 

 

 

新入りの白の少し前に

亡くなった近所のじいちゃんの遺品であるオレンジの彼岸花が

我が家の玄関を彩ってくれていました。

 

 

 

お彼岸の日に行った、私の両親の眠る墓地には

桃色の彼岸花。

どの色もとっても素敵ですね。

 

 

 

彼岸花の近くにオオカマキリが!!

この子は大好きな虫。

カメラを向けると、ちゃんとこっちに視線を送ってくれるんだもの。

 

このあとどんだけ私がカマキリと戯れた事か(笑)

 

 

 

 

秋だッてのに我が家のキッチン、青パパイヤがこんなに大量~☆

 

空輸で取り寄せするにも沖縄からだと運賃の方が高いし

銀座の沖縄ショップだと足代だけで高くついちゃうし

でもタントのおやつは手作りしたい・・・

 

「千葉の地場産のパパイヤが入るよ!」

 

って勤務先の青果部門で入荷した分から数個購入。

売れ残りもあるというので、値下げ品も含めて

全て引き取ったらこうなった次第です(;´Д`)

 

 

廃棄するなんて勿体ない!!

加工すればかなりもつんだもの。

持ち帰って、手がカブれるほど6個全てシリシリしましたよぉ。

おっきなボウルに3杯分!

後日、雨続きと台風で全てドライにするのにどんだけ掛かった事か。

 

 

 

 

ガラス越しのやんわりとした秋の陽を浴びながら

まったりタント、うたた寝中。

 

どうか生き急がないでね。

ゆっくりじっくり、一日一日をとても大切に

タントとの時間を過ごしています。

 

 

 

 

 

DAIRY... - -
ちんまり 秋の収穫物

 

ひとつ、いのちが旅立って

ココロ切なく荒れ庭の手入れをし始めました。

 

自然薯だかヤマイモ科のつるがいつの間にか生えていたので

洗ってタントへ久しぶりに野草進呈。

 

 

 

タント大好きだよね、野の草。

高カロリーの葛の葉はグンと御無沙汰です。

タダで獲れる野草も、白目をむいて喰ってくれるので

見てて楽しいし嬉しいよ。

 

 

 

可愛い横顔も載っけちゃおう!!

 

今夏で8歳を迎え、たまには老いを感じます。

生野菜を食べると軟便をしやすくなりました。

ダッシュやロデオジャンプも見られなくなりました。

安静時に体が揺れるくらい、息が荒くなることもしばしばで。

でもチモシー主体の食餌はキープ出来ているし

食欲旺盛なので良しとしましょう。

 

 

大型台風でお腹の調子を崩しましたが

今日は復活しそうな兆しです♪

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
旅立ちの朝 オオスカシバ特別編

 

2世代前のスマホカメラでも

ここまで寄って撮れる進歩に驚かされます。

 

台風一過、前代未聞の凄まじい嵐で

昨夜は全然眠れませんでした。

何度も外の状況を確認したり、家の損壊も気になって…

だってあまりにも強風で家が揺れるし

御近所の屋根が吹っ飛んでいるんだもの。

タントはストレスでお腹が緩くなってしまいました。

外に暮らす虫たちも、どれだけエライ目に遭ったことか

測り知れません。

 

 

 

おとなへと変身する眠りについたオオスカシバのイモイモ

初秋生まれの成虫となって出てくるか

それともこのまま冬眠か?

なんて土に潜った当初は毎日毎日見守っていましたが

忙しさのあまり少し放置気味だったタッパー

なんとなーく呼ばれた気がして目をやると・・・

 

 

 

あらら!

「お久しぶりです」って

いのちの波動が伝わってきた!!

いつのまにか土から這い出て、滑る容器にどうにか掴まって

大変身を遂げていました。

 

おめでとう、スカシバたん!

見事に五体満足、そして寄生虫にも襲われず

無事に生まれ変われました。

変身途中を写真に収めたかったよ~

この時点 10月1日 朝7:30です。

土の中から羽化まで19日間でした。

 

 

 

翅がまだクルンとなっています。

これからどんどん伸ばしていきますよ~。

 

 

 

まごう事なき、この子は蝶ではなく蛾です。

色使いがとっても綺麗な美しい、スズメガの一種です。

透かし羽と呼ばれる透明な翅は、まだ鱗粉が付いているので薄茶のまま。

 

飛び立つ前にどんどんバシバシ写真を撮らせてもらわなきゃね!

 

 

そろそろ翅が伸びきった頃合いかな?

 

一時間経過しました。

大きさは人差し指の第二関節弱くらい。

イモイモ時代の方が圧倒的に長くてデカかったです。

 

全くもってまるっきり姿かたちが変わってしまう

昆虫って本当にドラマチックでアメイジングな生きものですね。

 

 

 

触角に白線模様がないから、この子は女の子

空色まじりの目の透明感、やさしく落ち着いたライトグリーン

とってもとっても見ていて癒される。

 

 

 

近写してみると、もっふもふ!

撫でたら無理やり飛び立ちそうなので

ここはガマン~ッッ

 

 

グリーンにレッドにイエロー

まるでラスタカラーです。

大地の色

情熱の色

太陽の色・・・

 

 

 

精悍な顔つきにメロメロです。

 

 

「こんなに綺麗なのに本当に蛾なの?」

 

ってコドモーラ。

「蛾」って地味だとかうす暗いとかいったダークなイメージは

どうか払拭して下さい!!!

「蛾眉」という極上の美しさを例える言葉もあるくらいなんですから!!

 

と、熱弁。

 

 

 

幼虫時代に溜めた最後のおしっこをビッと出して

ブブブ…とぎこちなく羽ばたいて場所を移しました。

見落としていましたが、よく見ると細かく翅を震わせて

鱗粉を落としています。

そしてみるみるうちに翅が透明化してきていました。

 

 

 

外のにおいのする網戸に跳び移り、フライト準備を始めます。

凄まじく羽ばたかせて見る見るうちに翅が無色透明に。

 

 

 

外への誘導中、一瞬私の手に止まって

「ありがとう」

って。(妄想)

こちらこそ、あなたの神秘を魅せてもらいました。

 

 

 

網戸を開けたら外側にちまちまと歩いて移動します。

翅はもう動かさず、まるで初フライトへの精神統一をしているよう。

 

 

 

もうそろそろ行きますか?

 

天候は上々 台風の余波で風は少しあるから注意してね

おなかが空いたら彼岸花が咲いてるし

いまなら金木犀が甘い香りを放っていますよ!

くれぐれも鳥に捕獲されぬよう、十分に気を付けてね

良いパートナーに巡り合い、次世代へと命を繋いでください

子供たちの大好きなくちなしを玄関に用意しておくから

よかったらまた戻っておいでね!

もう幼虫を金魚の生餌にしたりせず

みんなみんな、大切に育てますから・・・(泣)

 

 

 

 

ほんとうに澄み切った秋の空。

羽化が台風だった昨日ではなくて心から良かったと思います。

 

午前9時30分、離陸。無事にフライト。

 

「あの子、道わかるかなぁ?」

 

なんて、はじめてのおつかいみたいな母ゴコロ

愛をもって接すればみんなどんな子も我が子です。

飛び立った後に少し泣きそうになったけど

あなたはあなたの生をまっとうしてくれたら

母は嬉しく思うよ。

 

どうかどうか、無事でありますように。

元気でね!!

 

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ  

 

 

 

 

NATURE... - -
暫しのさよなら

 

夕餉のおともに冷茶を注ぐので

傍らに冷えたペットボトルを置いとけば

タントが跳んできてペロペロ舐めるよ。

そんな夏の風物ももうそろそろおしまいかな。

 

 

起床後にする楽しみというか義務というか

ワクワクしながら挨拶しながら

ウチに住まう生きものたちのチェックをするのだけど…

覆いをしないで挿した枝にたかったまんまのイモイモの

劇的変化を目にして心臓バクバク!!

あんなに美しかったグリーンがウンコみたいな色になってて

度肝を抜いたわよ。。。

しかも枝の下方に頭を向けて入水自殺寸前

微動だにせずジッとジッとしているので

死んでいるのかと思って・・・

 

後から起きてきたジナンが手に取り

「生きてるよー」って。

ほっと安心。

 

 

 

朝食を摂りながら、イモイモを散歩させてる(笑)

もうこの色だとちょっと触れないけど

紛れもなくこの子はあのチビッコちゃんなのよね。

 

 

 

あぁあぁ〜

トゲの生えたネコのウンコが動いてるにしか見えない!

 

凝視出来ず、ボカします。

 

 

 

 

就寝から4時間ほどでこれほどまでに色が変わるんだね。

動画に撮りたかったなぁ〜、と残念がる。

 

 

 

大好物の新しいくちなしの葉を差し出しても

もう口にしませんでした。

それよりも枝にくっつきたがるので止まらせると

下へ下へと移動して行きます。

 

「土に潜るんだよ、おかあ土を用意してあげて」とジナン。

 

咄嗟に園芸土を器に入れて、布団がわりの落ち葉と

そこらに生えてる葉を敷き詰めました。

葉っぱに見向きもしないで

下へ下へ、奥へ奥へ

イモイモ、とうとう土に潜って姿を消しました。

・・・・・

・・・・・

器の横から底から見渡してみましたが

影すらも分からない。

あっという間の出来事でした。

 

 

 

は〜、なんだか胸にぽっかり穴が開いたよう・・・

なんだろこの空虚感とせつなさ。

情が移ったね、やっぱし。

イモイモ、手にとれたしナデナデまで出来るようになってたよ、私。

 

これから劇的にあの子の姿は変化します。

這っていたものが一転、空を舞うようになる。

見事なホバリングで花の蜜を吸って生きるのです。

誰に教えられるでもなく、自然にさりげなく。

遺伝子の不思議。

 

羽化するのもあの子たちにとっては命がけ。

どうか無事に成虫になった姿を見られるように

かあさん、毎日毎日祈っていますよ。

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ  

 

 

 

 

DAIRY... - -
ちょび毛が抜ける頃

 

ふとタントを見ると、耳の先っちょが何やらギザギザ

5mm程度の耳の先毛が抜け始めました。

夏毛はもう店じまいかな?

 

駆け足で季節は秋へと移り変わります。

過ごしやすい季節の到来と、去る夏への名残惜しさ

この切なさを味わいながら

この夏に起きた出来事を思い返すのが好きです。

 

 

 

デッカイ子チーム、お昼寝中もこの隊列

 

そんなしあわせなシエスタ中なのに

傍らで私は網を構えています。

 

 

目覚めて動き出したらあの子を捕獲しようと…

 

コメットの尾腐れ病が再発しました。

一昨日尾ヒレの充血が見られ、気に掛けていたら

ヒレが裂けてきてボロボロと欠片が水中を漂い始めたのです。

 

 

 

前回使った青い薬はあまり効き目がないらしく

検索してどのアクアリスさんも常備されているという

「グリーンFゴールド」という薬を買ってきました。

それと別容器で薬浴する為にエアポンプも追加で購入。

 

 

 

小袋2つで1100円程もする薬、だけど命に替えられません。

お魚の病気は専門医が極々限られてくるので

日頃の観察と見極めと薬の処方は全て飼い主さんの責任です。

金魚や昆虫、植物に最安値・・・

情報収集が趣味になってしまいましたよ。

 

 

 

カルキを抜いた10リットルの水を用意したので

それに見合う分量をきっちりと量ります。

 

 

 

 

100均でのちのち使えそうな水槽クラスの収納容器を買いました。

薬を曼弁なく混ぜ込みます。

 

 

 

エアーと患者のコメットちゃんを投入。

しばらくおひとりさま宿泊で寂しそう(;_;)

早く治ると良いね!

 

 

 

容器200円、専用ふた100円の計300円の湯治場(笑)

景色も見れず、ただ黄色い世界の独房

早く出られるように一生懸命お世話をするし

毎日毎日祈っているよ!!

 

いまやごんぞ家、3か所でポンプが唸り

湿気も多いジメジメ一家と化しました。

 

いろんなハプニングだかネタがあるので

新たに金魚ブログを立ち上げようか考えましたが

アチラはもうホントにみなさん初心の方でも知識人のたまり場、

私なんかのレベルでは在籍するのも恥ずかしいくらいなのです(笑)

なので此処で併せて金魚もむいむいも記録して行こうかと思います。

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ  

 

 

 

 

GOLDFISH... - -
これからは余生を楽しむ事としよう

 

母が言っていたコーネンキのツラさを日々実感。

 

頭痛に始まり、腰痛へと痛みの連鎖

身体のコアからフツフツと沸き立つ、マグマのような熱さ!

これが「ほてり」というものなの?

この熱さが全身に拡がると一気にブァッ!っと汗が流れます。

「今って暑い?」

周りのみんなに尋ねるけど

「エアコンが効いてて心地いいっすよ!」

という返事。

やだ、私だけじゃん コーネンキ。。。

ちなみに『命の母』を試していますがお金のムダです。

症状がちっとも改善しないのに、お金を払った分イラっとします。

 

どーにもなんない時は、うさぎ吸い。

タントの胸元に鼻を突っ込んで

すぅーっと深く息を吸い込むと、あら不思議ココロ落ち着く。

私の「命の母」はサプリなんかではなく、「うさぎ臭」でしたぁ♪

はぁ〜、シアワセvvv

 

 

 

体調が宜しくないので、秋からは出勤日を1日減らしました。

週5から週4日、休みが一日増えた分

大好きな生きものたちと一緒に過ごしたり

お世話をしたりする時間に費やそうと思います。

 

朝ごはんを食べながら食卓に例の一枝(笑)

皿洗うのメンドーだからチラシにパンRIDE ON☆

 

 

 

私のくちなしを喰らっていたオオスカシバの子を拉致り

食卓飼育、毎日眺めているのですが

こいつら短い一生だもの、成長が早い早い!!

一日で一まわりも二まわりも膨らむ膨らむ!

「うん、今日もまだ撫でられる…ね。ざわわ…」

なんて家族のみんなに愛されているムイムイ。

なんとか幼虫恐怖症を克服しつつあります。

 

マクロで顔を見ると結構カワイイのです♪

 

 

無意味なシッポが本当に可愛くて、みんなからチョンチョン突かれたり

枝から離して指乗りさせたり、ちょっと前なら考えらんない!!

チビの内から世話をしてると違いますね。こんなナリでも情が湧く。

今日現在、拉致した時から2倍の長さに到達しています。

新しい枝を調達したり、フンの始末をしたり

私はこのコの分も「おかあさん」をやってます。

 

 

 

そとで水撒きをしていたら

フラフラ〜とアカボシゴマダラが水を吸いに飛来。

アゲハ蝶ではありません。

マダラ蝶の仲間で、後翅に赤い斑点があるからアカボシゴマダラ。

特定外来種なので駆除の対象とされていますが

幼虫はクスノキの葉を食すだけで何も悪い事していませんっっ!

ニンゲンが勝手に外から持ち込んで増やしたくせに

とんだとばっちりですね。

本当、ニンゲンってサイテ―な生きもの。

 

 

 

金魚、チーム・デッカイ子トリオ。

 

お世話をしていると本当にどの子も可愛くて

アッチコッチで独り言ブツブツ・・・(笑)

ついつい言葉を掛けてしまいます。

偶然にトリオが並んでくれたところをパシャリ☆

この夏の思い出写真によいものが撮れたよ♪

みんなそれぞれに個性があって観てて癒されて。

うさぎと併せて飼うのにオススメしたいペットです。

 

 

 

金魚、チョビ組。

二匹の雰囲気にあうフィギュアがあったので飾ってみました。

『鬼灯の冷徹』に登場する座敷童子の双子ちゃん。

そーいえばチョビたちのシッポ、

まるでちょうちょ結びしたちっちゃい子の浴衣の帯のよう。

 

 

 

チョビたち、雄雌の判別が不能なので

キャラ設定が未だに出来ません。

白が女の子、黒が男の子? 

しょっちゅう黒が白を追っかけたりしているのだけど

逆の立場もたまにあったり

または両方雄で縄張り争奪戦しているのかもしれないし

うーーーん、謎は測り知れません。

 

 

 

金魚って写真撮りが超絶難しいっっ!

ガラス越しなので、コッチの世界が写り込んだり

大いにブレブレで一眼カメラが必要ですね!

黒ちゃん、味のある顔をしているのに

撮るとまるっきり「まっくろくろすけ」だわ。

 

 

 

白ちゃんの方は落ち着いてて物静か、黒ちゃんはわりとやんちゃで

観ていて「年下の男の子」ってイメージなんだけど

本当はどうなんだろう?

 

この夏どわわと増えた家族。

ただいまの我が家の命の総数、11魂。

みんなが快適に過ごせるように

ごんぞかあさん、これからもガンバルゥ〜☆

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ  

 

 

 

 

DAIRY... - -
| 1/138 | >>