ENTORIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
金魚ブログやってます
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

2019.10.20 月へ旅立ちました。

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。

頭上り隊・隊員No.23


THANX
SUPPORT



OTHERS
ピエール、マスク、10万円。

 

毎年恒例のバラの季節がやって来ました。

今年も私のつるバラ、ピエール・ド・ロンサールが満開になり

短い花期を楽しんでいます。

 

 

 

毎年40個ほどの蕾を付けてくれるのですが

タントの植木が近くにあるので薬剤散布を控えていたら

枝にビッシリ、カイガラムシがこびり付いていました。。。

樹液を吸われてしまうから今年はツルの勢いが弱々しいです。

花が終わったら枝を切り詰めしっかり支柱を作って

薬を散布してあげないとね!

来年の花のために。

 

 

ブームが冷めた頃にようやく

「アベノマスク」がポストインされていましたよ。

 

 

実家のポストに投函されていたものと比べると

微妙に違います。

縫製、縫い幅が違う。

生地、ウチの方は真っ白とは違う

日灼けしたような在庫生地で作ったっぽいマスクでした。

ガーゼのマスクは一度洗うとクチャクチャになってしまい

手でパンパン形を整えて干してもひとまわりは縮みます。

んー、コレは使わないかなぁ。

勤務先でマスクは支給されるのでこれはこれで記念品。

あ、近所のばあちゃんに寄付しましょうか。

 

そして待望の・・・

 

 

 

唯一マイナンバーカードを持つツレが

受付初日に特別給付金の申請を出していたそうで

家族分の現金入り封筒を差し出してきた。

金が絡まないとフットワークが鈍いツレ。

それにしても公共の何某や預金口座とも紐付けされてない

まるで使えない無駄な政策、マイナンバーカード。

カードを持つ利点って、唯一今回の申請で

給付金が早く受け取れたってだけかい?(笑)

 

 

 

 

キタコレー!

念願の一人10万円!

のちの増税やら新税創設やらしっぺ返しが怖いけど。。。

 

郵送での給付申請をしようと思っていたので

個人個人に申請書が郵送されてくるのを待っていたのですが

世帯主が家族分を請求できるって初めて知りました。

てか、世帯主が知らぬ間に独占したり

DV野郎だったりしたらどうしちゃうの!?

そんなご家庭も少なくないと思いますが。怖いなぁ。。。

ウチもそんな可能性があったので

とりあえず、給付金が手元に入ってきて良かった〜!

 

使い道どーする?

貯金するのさ!

そしてコロナが終息したら旅したいね!

のんびりと鴨川シーワールドホテル泊でシャチツアーする!

決まり!

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
野菜室、ぱんぱん!

 

すごーい☆

タントったら芸術家だ!

 

って、私がこっそり並べたんですケドモ(笑)

 

そう言えば、先代の●はティッシュ経由でないと摘めなかったのに

タントの時は直に摘めていたんだよね。

小さいうちから育てたからなのかな?

 

お耳がたまらない〜!

もうタントの耳の厚みとか質感とか

まだまだ私の指先は覚えてますよ。

換毛の時期には耳の先から5mmにも満たないチビ毛が

ポロポロと抜けるんだよね。

おもしろがってちまちま毟ってた。

 

 

 

これこれ、このチョビ毛!

かわいいの。

 

 

春は野菜がワンサカ出回ります。

仕事帰り、青果部門へ寄るとついつい買いたくなっちゃう衝動に駆られます。

契約農家さんの新鮮な野菜の数々!

葉付きニンジンは5月までは出回りそうだし

かぶも大きくて葉も青々

タントがいたら喜ぶだろうなぁ。

地場野菜売り場にて脳内をタントが駆けずりまわります。

「買って買って〜っ!ダンッ☆」

時折足ダンしながらホップしてるよww

 

タントが生きていた頃は

全買い物中、野菜の比率がほんとうに高かった。

どこのスーパーに行っても

先ずはタントが食べられる野菜を・・・だったもの。

どこのお店も当たり前のように入り口付近は青果コーナーですからね。

 

 

今は3割減と言ったところでしょうか。

 

 

 

 

去年の今頃の野菜室(笑)

 

葉付きニンジンの葉だけがタントに大量消費されちゃって

肝心のニンジン本体の消費が間に合わないの。

20本近く有るんじゃない?

馬じゃあるまいし。

 

今の野菜室はレタスとキャベツの千切りパックと

ニンジン少々とプチトマトと小松菜くらいです。

野菜はサラダと味噌汁の具と炒め用に買う程度。

サラダ菜とか、葉の部分をもぎって使い

最終的に株の部分をタントに食べてもらっては

最小限の全く無駄のない廃棄に収まっていたんだよね。

根菜のへたとかしっぽとか、捨てずにタントが処理してくれてた。

地球のためにもいい仕事をしてきたんだよ、タント。

 

どこの親も親馬鹿ですよ(^_-)

 

 

 

RECOLLECTION... comments(4) -
悪者だけど、花に罪など

 

今の時期、薄いオレンジ色のこの花が至る所に咲き誇っています。

フィルターにより濃いめですが(・・;)

 

ポピー?けしの花?大麻?

この花の名前は「長実雛芥子 (ナガミヒナゲシ)」

種を含んだ実が細長いからだそうです。

もともと日本では見られなかった外来種で

輸入された飼料に混入し

あっという間に国内に広がったみたいです。

あまりにも可憐で可愛い花なので種を取ってきて

自宅に植えたりしましたが

なぜか芽吹くことがなく数年経過。

 

 

 

春、彼岸花の鉢からニョキニョキ生えてきたのは…

うつむいている恥ずかしがり屋の蕾

あれ?これはもしかしてもしかすると?

と、様子を見ていたところ

 

 

 

咲くときには自信に満ち溢れて

「見て見て!」

と、訴えるように堂々と。

やった!とうとうウチにもやって来た♪

雨に濡れている姿も素敵ですよ。

こんなに綺麗なのに美人薄命、花期はとても短く

2日程度ではらはらと散ってしまいます。

 

ううむ、抜かなきゃダメかなぁ。。。

 

実はこの子、根から周りの植物の生育を阻害する物質を出すのだそう。

もともと植っている彼岸花もとても大事にしているので

ヒナゲシは種をとったら引き抜かせてもらいます。ごめんね。。。

違うプランターにお引越しさせ、新たに撒いて育みます。

 

 

余談ですが。

公園に人が来ないようにと、これからシーズンのバラや百合

蕾をつけた花々を刈り取ってしまう作業が行われ始めているそうです。

堀江貴文氏曰く

「刈ってる時点で狂ってるし、それを狂ってると思わないことが狂ってるよ」

あんた、たまにはいいこと言うよねぇ。。。

ほんとうに・・・

これからどんな世の中になっていくのでしょう。


 

 

 

 

 

ゲージの中に敷いてあったら、どんなにオシャレだろうにねぇ。

 

タントに藁マットの類を何枚買ってあげただろう。

本来の使い方など全くせず、与えると途端にモギモギしはじめちゃうのね。

四角い物よりこの渦巻状の方がお気に入りでした。

楽天のチャームさんで牧草ついでに毎回5枚は頼んでいたかな?

先ず真ん中をくり抜いてロールケーキ(笑)

あとは夜間工事でケージの中での暇つぶし

ものの2日で木っ端微塵!座布団にもなりゃしないゴミと化します。

 

楽しんでくれてたのかな?

それとも砕かなきゃいけないお仕事だと思われてたかな?

パキパキ、モシャモシャ

心地よい咀嚼音、耳が覚えてる(^-^)

 

写真を探すついでに、気に留めたものをカワイイフォルダーに溜めました。

日々の間話にランダムに紹介していきたいと思います。

 

 

 

RECOLLECTION... comments(2) -
食べた、食べた!

 

 

タントのお食事中の写真を拾い集めました。

 

贅沢品のフルーツモリモリ

これは父の葬儀の時のお供えですね。

思えばタントは私の両親の介護から看取るまでの憔悴感を

毎日緩和してくれていたんだなぁ。

あんなちっちゃいのにいつもいつも助けてもらってた。

本当に感謝だよ、ありがとう!

あとからあとから伝えたいことが溢れてくるよ。

 

記録以外にも、もっともっといろんなものを食べてたね。

特に今の季節は野のものを調べながら

タントのために、そして私の趣味のフィールドウォーク

「狩り」ならぬ「刈り」(笑)

季節の野草を摘み取ってきてきれいに洗っては

「食べてくれるかな〜?」って

毎回ワクワクしてた。

 

 

 

毎食後の投薬の始まりには参った。。。

 

甘い果汁に混ぜたり野菜にサンドにしたり

どれも見破られてしまって泣きそうでした。

病気の緩和または進行を遅らせる効果があるので

ごんぞ史上一世一代、試行錯誤でがんばった。

 

 

 

大好きな大葉でオブラート。

 

結局これ一択でタントもこれなら一瞬でクリアしてくれました。

でも、いつ飽きてしまうかと毎日ハラハラしていましたが

ずっとこのまま口にしてくれたね、やさしい子(泣)

 

1年間の通院と闘病生活、タントは本当によく頑張ってくれました。

キャリー、外出、移動、トドメの診察室...

キライキライのオンパレードに家では苦いおくすり。

辛い思いをさせちゃったから

最後の月は薬も強制給餌もせず

好きなおやつと野菜と私が干した葛とびわの葉で日々を送りました。

 

あの頃を考えたら、今はなんという世界なのでしょう。

 

出勤前の朝活でブログ。

人が多いのとやる事も多くてなんだか仕事行きたくないなぁ

と、年甲斐もなく登校拒否児みたいにグズグズしています。

タントを思い出す事で気持ちが浄化されるのか

はぁ・・・と肩を落とし

仕方ないから稼ぎに行こう!

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(4) -
思い出の葉付きニンジン

 

週明け、春の風物詩「葉付きニンジン」が売り場に出ていました。

綺麗な葉の形と鮮やかなグリーン

ニンジンのオレンジとすんごく合う色の組み合わせです。

なんだか視覚からもビタミンパワーを頂くなぁ。

コロナショックでちょっと疲れていた気持ちが

少しだけアゲアゲになったよ!

 

うさぎ飼いの青果の同僚、

毎年コレが出ると必ず私に声を掛けてくれるのだけど

今年は遠慮しちゃってた?

仕事場でタントの最後を話した時

ダバダバ泣いてしまったけど

うんうん、て涙ぐんで聞いてくれたっけね。

今年は買ってあげる子が私にはいません。。。

と、まてよ?

今すぐ食べさせてあげたい子が近くにいるじゃないの!

健康の秘訣は人もペットも同じ

それは、旬のものを体に取り入れること。

雨降りだから車で出勤したのも何かのお導きかと

速攻で買い物を済ませ、うさ宅さんへ向かいました。

お留守のドアに御見舞い野菜を届けてLINEで報告。

co-opか(笑)

 

私がコッソリ応援しているジャニうささん

御高齢なのに無事に手術を乗り越えたタフなじーちゃん!

私はストーカー否、サポーターとして

コッソリ応援しています。

 

去年の今日の記事はやっぱりニンジンの話題

 

命の期限を知りながらもとっても幸せだったね。

ニンジンの葉を見ると私もタントも心が弾みました。

この時期、ニンジンばかりが野菜室に溢れてしまって

連日根菜献立ばかり、カロテン摂取エヴリィディ!

ヘルシー ブラボー ビューリフォー!

ラップ調でお届けしました。

お粗末!

 

 

先代のiPhoneに残っていたタントのムシャムシャ動画

タントの背中のにおい

食んだ先から香るグリーン

ドア開けっぱでももう寒くない空気感…

鮮烈に蘇るなぁ〜

くぅぅぅT^T

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(6) -
カーネーション

 

今日のお花たち

ふんわりと咲くトルコ桔梗が好きなのでこの花束一択。

 

白いトルコ桔梗 「思いやり」

緑のカーネーション 「癒し」「純粋な愛情」

スターチス 「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」

そしてピンクの花‥よく見かける子なんだけど

名前が全くわかりません。

ごめんね。

 

母の日の定番のカーネーションですが

お花の色によって花言葉が色々あるのに驚かされました。

全体的には「感謝」を意味していますが

色によって「拒絶」とか「哀しみ」「嫉妬」「侮辱」「軽蔑」

そして「移り気」とネガティブワードのオンパレード!

赤じゃツマランだろ?と新しい色をチョイスする際には

気をつけられたほうが良いかも知れません。

そんなの気にしない大らかな相手様なら良いですが。

 

子供の頃、少ないお小遣いで母に買ったカーネーション。

私が選んだのは赤でなく、ピンクでした。

喜んでくれるかとドキドキしながら母にプレゼントした途端

「なによ、この色!死人にあげる色でしょ!」

と、礼もされず受け取りながら捨て台詞を吐かれて。

コレはこう!という生き方だった保守的な母にはピンクは

お気に召さなかったようです。

「人に感謝を伝える気持ち」を親に踏みにじられて

今でもこの季節になると、心の隅で必ず蘇る思い出です。

でもね、ピンクカーネーションの花言葉は

「感謝」「熱愛」「暖かい心」だよ?

白いカーネーションと間違えんなよ!母め。

と今更ゴロツク(笑)

 

 

 

 

 

リインカーネーションでタントは誰に生まれ変わっているのかな?

 

人のペットになった子は、飼い主さんを通して

ニンゲンについて学ぶと言います。

次に生まれ変わるのはいよいよ人だからなんですって。

 

私の持てるだけの愛情をたっぷりかけて育てたんだもの

人情深くてやさしいヒトになってくれたら

母はただただ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(6) -
撮影主に想いを馳せる

2年前の春、4月。

こんな事になるなんて微塵も感じなかった事でしょう。

もともと私は食事の支度が大嫌いな上に

勤務帰りでヘトヘトなところ、ストレスを抱えながらの米研ぎ。

そんな最中、タントがひょっこりひょんな場所から顔出して

イライラしている私を癒してくれましたっけ。

 

一気に口元が歪み

ただただ楽しくって

蛇口を閉めて急いでスマホを手に取りました。

 

 

 

 

 

大好きなタント。

大切な大切な思い出です。

 

今となっては、当時の私を羨ましがってばかり。

 

 

 

RECOLLECTION... - -
不要不急だけど、ドライブ行かね?

私の大好きなドライブコース

江戸川の細い土手道と水元公園へ通じる道。

今はソメイヨシノが一斉に咲き誇ってとても見事かと思います。

不要不急の外出は控えてと言うけれど

車の中なら良いかしら?

それにしてもこの国の首相夫人ってバカなの?

パリピBBAがファーストレディなんて呆れる。

ワーストレディ、アッキーだ。

それはともかく

ごんぞとドライブ気分を味わいませんか?

車中終始無言で申し訳ないけど

2時間ほど走りましたが編集は切り詰めた上に

2倍速でサクッと約30分ほどです(^^;

 

水元公園の桜並木を堪能しながら

江戸川土手を北上し、千葉県野田市までのチョイ旅です。

このお気に入りのルートで

しょっちゅう片道30km先のスーパーまで

ドライブがてらに買い物に行きます。

仕事柄、他店舗の偵察大好き人間!

では参りましょうか。

 

 

 

PCがなくてもスマホの編集アプリだけでここまで作れるなんて

今は本当に便利な世の中ですねぇ〜。

 

 

 

タントの前に飾るため

掴めるだけの菜の花を摘んで来ました。

やさしい春の香り、おひさまのような眩しいイエロー

タントは「茎と葉の方がいい!」って言うんだろうな。

タネが取れたら家にも植えようね!

 

 

 

ほーら、キラキラ。

部屋がパッと明るくなります。

 

 

 

先日拾ってきた桜の花も

水を張った器に入れておくだけで

萎れずきれいに生きてくれています。

落ちようともこうしてまだまだ頑張ってくれている花に

コロナストレスでカツカツな心を癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
さくら🌸パニック

 

こんな気持ちのよい春の日は

タントと日がな一日、タントの窓辺でお庭に萌え出た新芽でも

肩を並べて眺めていたかったねえ。

 

昨年は桜まみれにしたタント

 

 

 

今年の桜をまぶすのは遺影前だぜ!イェーイ!

なんてさ・・・はぁ。。。

 

今年は桜の開花が早くって

樹によっては満開の子もいますよ

道端に落ちている花は

小鳥が蜜を摂るためにプチっと啄んだ残骸です。

そんな小鳥のおすそ分けの中から綺麗なものを

今年もタントに見せるために拾って来ました。

 

寒い冬にサヨナラして

ようやくやってきたあったかい春を

タントと一緒に愉しんだよね、いつでも何度でも。

そんな春は去年で終止符

今年はひとりでお花見してるよ。

 

 

今日はねー、疲れたー!

都知事のひとことで勤務先、超パニクってたよ。

お店なのに売るものが無くなってる!

 

 

買占め 食糧不足 売場 

 

帰りまで持つだろうとチラチラ様子を見てたけど

退社後に売り場に出たら

生鮮から始まり、カップ麺や冷食はもちろん

肉もパンも壊滅状態!

何もなくなってて今晩食べるものがないから

今夜はお弁当ですよ!アララ。

 

年末以上にお客さんがお店に押し寄せてきたので

「イヤだなぁ〜」って思いつつレジ応援に入ったら

長蛇の列が出来ちゃって全然抜けられない!

カゴ満載を相手に1時間半レジに拘束

もー喉ガラガラ。。。

後で聞いた話

前年度売上高より200%増の売り上げだったって!

特にウチを含む区内の2店舗が凄まじかった様子(笑)

昨秋の大型台風の時

水没する消滅区として全国区に知れ渡ったから

区民一同、危機管理に凄まじく敏感になっているみたいです。

 

大丈夫!

紙も食品も問題なく毎日ガンガン入ってきています!

ただ売り場に出す人手が足りない。。。

品出しても買占め隊が並んでて争奪戦になるので

品出しが間に合わないのです。

食品と紙製品の不足はいわば人災

みんなが必要なだけ購入すれば特に問題はないのにな。

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
そして私はたねを撒く

 

春のお彼岸、終わっちゃうね。

 

3月のタントの月命日はちょうど春分の日でした。

これから昼間の時間が長くなっていくのです。

今年の冬はいつもより寒さも厳しくはなくて

とっても過ごしやすかったけど

タントがいない初めての冬、

生きたモフモフレスの季節は辛かったな。

 

前回活けたスイートピーに加えて

チューリップとスターチスを追加しました。

前々回のガーベラも水切りしてあげてたら

まだまだ頑張って咲いてくれています。

ありがとう。

 

タントがいなくなってから初めてのお彼岸

ということで何か記念に出来ないかな?

そうだ、たねを撒こう!

何かが私を突き動かしました。

うさぎに関したもの・・・「バニーテール」‼

 

 

 

 

タントがいた頃、買ってきた苗からたねが溢れて

数年間毎年生えてきてたのだけど

いつの間にか朽ちちゃった。

ネコジャラシの仲間で本当にかわいい穂なのです。

タントに葉っぱを与えたら穂まで食べちゃうほど

私もタントも大好きなグリーン!

 

 

 

 

メルカリを眺めていたら

私が育てていたものより穂が長い珍しい種が出品されていたので

購入してみました。

 

 

 

商品紹介でこんな画像が貼り付けてあったので

てっきりこの状態で手元に届くと思いきや、

 

 

 

これっポッチのパケで郵送されてきたので腰砕け(笑)

 

それでも「100粒ほどのたねは入っています」というけど

不振ながらも数えるのもめんどっちぃので

さっそく植えてみましたよ。

 

 

 

日中日当たりの良いプランター。

 

ずっとタントの野草を育ててきた土です。

肥料を撒いたり、コーヒーや茶殻を混ぜたり

落ち葉を掻き込んで腐葉土っぽくしたり

フカフカになるように手入れしてきました。

今日の強風で油断すると飛んでってしまいそうな軽い穂を

手っ取り早く溝に置いてさっと土を掛けたら

液体肥料を薄めた水をシャワーします。

 

撒きどきは今月いっぱいくらい。

順調にいけば、初夏にはうさぎの尻尾のような

可愛い穂が見られる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
| 1/6 | >>