ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。

頭上り隊・隊員No.23

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ









THANX
SUPPORT



OTHERS
同じ映画を3回目、今月は寝ても覚めてもフレディだ。

ボヘミアンラプソディ フレディ フレディマーキュリー 興行一位 クイーン IMAX

 

公開初日、4日後、そして日曜日で3回目。

 

もう私は「ボヘ美」と改名してもいいくらい

この作品にハマっています。

スクリーンにフレディは居ないのだけど

彼を理解し、完璧なまでも彼のアクションを体得した演者の姿に

フレディの魂を見ることが出来ました。

そしてまたもや感涙で劇場を後に。。。(笑)

 

 

クイーン フレディマーキュリー ごんぞ 兎魂

 

 

クイーンを胎教で聴かせていたコドモーラも是非観たいというので

今回はIMAX座席を確保。

初めて体感するIMAXシステム、手始めにはもってこいの作品です。

「109シネマIMAX」っていうから

109のある渋谷まで行かないとダメなのかと思っていた私

一番近いIMAX劇場がヨーカドーの木場店にあるというじゃない!?

いち早くネットで席を予約しておきました。

 

うぅぅ…音がハンパねぇっっっ! 

針一本落ちる音までなんとクリアな事か!

今回は日曜日だった事で、公開後数日経っているのに劇場は超満員

「見落としているシーンもあるかと・・」

と、リピートされている方も会話で聞こえました。

 

「おぉ! 同志よ、あたしゃ3回目だよ

   知人には5回と言う猛者もおるぞ! 」

 

と見知らぬ人でもハグしたい気分でした☆

 

楽曲は知っていても予備知識がなかったコドモーラには

「うーん、ガチホモのミュージカルって感じかな」

なんてツレナイ感想。。。

 

 

ボヘミアンラプソディ フレディマーキュリー クイーン ライブ

 

ここの劇場にはグランドピアノの大道具があったので

観終わった後に是非フレディ調に激弾きしている

ネタ写真をコドモーラに撮ってもらおうと思っていましたが

よく見たら段ボール製で座れず・・・(泣)

 

映画鑑賞、そのあとの食事、そしてドライブと

社会人となった息子たちと過ごす休日がどれだけ至福だったか。

忌わの際、私の走馬灯に描かれるくらい

この日は私の良き思い出となりました。

 

 

 

そして、お留守番でいいこにしていた子。

 

 

お礼の葉物でお腹いっぱい

青汁が拭いきれていない口元が可愛いのなんの!

食欲は減退するどころか倍増、以前は見向きもしなかった野菜にも

興味を示し、キュウリやカブも好んでかじっています。

 

 

 

涙目は落ち着いてきて、ここ3日くらい乾いていて通常モードです。

念のために一滴、ポタリ。

おとなしくされるがままで、とても良い子。

 

毎日の粉薬もシソブラート(大葉でマキマキ)作戦で

完璧服薬続行中です。

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
シソブラート

投薬。

対うさぎ攻略に苦戦しています。

 

…とは言いつつ、案外楽しんじゃっているトコあるな、私(^^)

素材に粉薬をサンドする作戦がだんだんバレてきて

大好きなニンジンもフルーツも

薬の部位までかじるとあとは残すようになってきました。

当たり前だろ、うさぎさんだっておバカさんではないのだから。

まして好きなものを食べなくなってしまうと

これから先が大変困るというもの。

この作戦は一旦お預けし、次の手段にまいります。

 

 

 

葉物で巻くオブラートで攻略してみよう。

 

なるべく小型の葉物で折りたたんで食べられるサイズ・・・

大葉が最適だろうか?

薬はバレないように半分ずつ、2枚に分けてパラパラと葉に乗せて

 

 

 

 

あんまり多いと匂いでプイッとされてしまいますからね。

 

 

 

オブラートのようになるべく中央に薬を寄せて

折り目の隙間から薬のにおいを察知させないように

両脇も折り込んで・・・

 

 

 

はいっ!

 

おー、食べた。

何の疑いもなく。

 

勝手にひとり勝利者気分で心の中でガッツポーズ(笑)

 

 

 

2枚目も作戦成功です。

 

ただいまこれでシソブラート作戦2日目が経過。

 

涙目も点眼中。

出たり止まったりなかなか安定しないなぁ。

シニアうさぎ、これからますます不調箇所が増えて行くんだから

覚悟しながらお世話をしないとね!!

 

寒い朝でも、生きものたちが元気で迎えられた朝を

とても愛しく思い、生かさせて頂いている事に感謝。

自分的には「生きてやってる」的な反骨精神(^_^;)

もー、あちこち痛くてねぇ(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
そして涙目。。。


 

余命宣告を受けてから更にタントをネコッ可愛がりしているので

甘えてくる 甘えてくる(笑)

 

土曜日 左目から涙を流すようになってきました。

片目だけずっとショボショボしているので一時的か継続的なのかと

素人判断もアレなので、医師の判断を仰ぐべく

今日病院へ連れて行きました。

キャリー、車、病院と いつもと違う環境は

タントにはとてもストレスで、心臓ドキドキが一番身体に障ります。

土日の病院混雑と、わんにゃんの鳴き声に怯えるのを避けて

月曜日の診察を決心しました。

 

 

 

目の周りが常にジメッとしているので

衛生的ではないし皮膚疾患予防のため

周囲の毛を少しカットし、短くしました。

 

 

 

病院の待合室には、院長先生が執筆した

ハムやうさぎの著書がたくさんあります。

読みたくても検査中のタントが心配で心配で

なかなか手に取れません。

さすが週明けの午前中、貸し切り状態です。

ナースさんに聴いたら、やはり土日はごった返しているそう。

 

 

 

 

点眼薬が処方されました。

結膜炎や角膜に傷が付いていることもなく

涙鼻管の詰まりだそうです。

来たついでに胸部のレントゲンを撮りましょうということで

結果・・・

「現状維持のまま変らずですねぇ。」

先生は気を遣ってくれたのかそうおっしゃったけど

私目線では映像からこころなしか腫瘍の大きさが

リバウンドしてるように見えてちょっとショックを受けました。

それより心が痛むのが、今回の計測で体重が異様に減ったこと。

健康時2200g、初診では1800gときて今日は1500gまで落ちていました。

「食事を変えましたか?」

と尋ねられ、ペレットを「バニセレ」のスーパーシニアに換えた事を

伝えましたところ、先生の推奨ペレットだそうなので良かったです。

そして量。

牧草を第一に考えているので、ペレットはほんの一つまみを

朝晩2回、えん麦もパラッと振りかけて。

そしたらそれでは足りないくらいでもっと与えても良いそうです。

体重で換算したら、1日40gが適量なんだそうです。

 

 

 

帰宅後、すぐに測り直して1食ずつパックし直しました。

測りながら

「え〜? まだ盛る?こんなに食べていいのぉー?」

実際これまでこの容器の1/3程度しか与えていません。

あとは牧草と生野菜、おやつ少々ですね。

よぉし!!

元気はあるし食欲も十二分にある。

好きなだけ食べさせてあげようと、タントが足元に寄ってくるたび

野菜やおやつをあげまくっています。

 

 

 

タントが苦手なフローリングと滑るビニールマット。

なのに、洗い物をしている私の足元までやって来て

こんなところで寛ぎながら、私に構われるのを待ってくれてます。

 

かわいいなぁ、こんなに元気なのに

「早くて今年いっぱいかも知れない」

なんて嘘でしょう?

信じらんない。

信じない。

飼い主がうろたえていてはダメ! しっかりしろ、ごんぞ!!

ニンゲン以外の生きものは、死を恐れず精一杯にその生を全うするのだから。

まだまだ生きる。もっと生きる。

いつでも希望を持たなきゃね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
STILL LOVE YOU

 

秋の日差しにまどろむタント。

 

肌寒くなってきましたが

窓を開けていてもあたたかくてとても気持ちの良い日

タントの居るフロアは日当たりが午後の一定時間だけ。

陽の差し込む貴重な瞬間にタントを誘い出し

おひさまを浴びさせます。

 

昔、うさ飼いの先輩が言ってらしたっけ。

 

「日光浴をさせるといいよ! 骨が丈夫になるからね。」

 

大好きだったそのうさ飼いさん

暫く音沙汰がなかったけれど

御家族から届いた訃報の便り・・・

 

数々のアイテムや対処方を教えてもらった事を

懐かしみながら思い出しています。

ごんぞはずっとずっと忘れませんからね。

本当に有難うございました。

そしてお疲れさまでした。

 

 

 

8歳4カ月弱

貫録も出てきたタント爺

薬も欠かせなくなって、これから迎える冬はちょっとした山場です。

万全の対策を持って接していきます!

 

 

生きとし生けるもの、みんな向かう所は一緒

大切なのはどう生きたかという事。

目立たなくてもいい、嫌われてもいい

生きている間にどれだけ人に尽くしたか

どれだけ愛を、笑顔をもたらせられるかが重要と思う。

私はこれまで生きてきた時間より

これからの時間の方がきっと短いけれど

できるだけ周りの人にやさしく、迷惑をかけずに生きていきたいな。

願わくば

「こんな人がいたっけね」

なーんて、誰かの心の片隅に

ちょこっとお邪魔出来るだけでも充分シアワセです。

 

映画のフレディを観ていたら

そんな事をふと思ったワケで。

 

映画『ボヘミアン ラプソディ』

期待以上に良かったです!

ヒット曲が流れる度に動悸が激しくなり

なんどもなんども私の琴線に触れられましたが

バンドの歴史を踏まえてからの最後のライヴ再現シーンでは

ハナ垂れ滝涙状態になり顔面グッチャグチャ。。。

没後27年の時を経てさらにフレディが好きになりました。

 

 

うさぎ ごんぞ GONZO 兎魂 フレディマーキュリー クイーン ボヘミアンラプソディ フィギュアーツ QUEEN

 

 

 

やっぱりフィギュアで 

My Love My Love

 

 

 

 

 

世界一のたかいたかい♪

 

Ooh フレディ、大好きっ!!

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
シリンジ嫌悪症になってしまったので、なんとかくすりの服用を試みる

連日の投薬を課せられたタント

うーん、強制給餌とかしかるべき時のためにも

シリンジには慣れさせないといけないんだけどねぇ〜

おくすり日課2週間半突入でシリンジを見ただけで噛みついて

全力で拒否するようになりまして。。。

抱っこがキライ、両脇から抱き上げることもできないので

動画で紹介されているように

 

「こうすればラクにシリンジでおくすり注入できまぁす♪」

 

なんてうさぎさんを仰向けにして飼い主さんの膝にのせる行為、

抱っこ以上に高等テクニックなので出来ないんですけど〜ッッ!!

 

かなりアワアワしてる私、突発的に考え付いたのが

キャロットサンド、具は隠れおくすりペースト。

 

 

大好きなニンジンスライスに切り込みを入れてみる。

 

実は一回目の切り込みで勢い余って指まで包丁が到達してしまったよ(泣)

 

 

うさぎ 投薬 くすり シリンジ ニンジン スライス

 

薬を薄く延ばしてサンドしちゃいます。

食べてる最中、粉がぱらぱら落ちないように

薬ににんじんの水分を吸わせてペースト状になったかな?

ってくらい置いといて、さっそくタントに与えてみました。

 

 

 

 

えーっと、タントくん タントくん

おいしいものだよ〜

いつものニンジンさんだよ〜

 

あれれ

なんだか不審なものを見る目(;´Д`)

 

 

 

 

 

あ、食べた 食べた(笑)

 

騙されてや … 良く食べたね〜 えらいね〜♪

ほめて育てる(笑)

 

いつまでもこの方法が通用するとは限らないので

いろいろナイ頭をひねっています。

 

ストレスの負荷を掛けるのを承知で抱っこ投薬を強行するか

あまりバクバクさせてもいつ呼吸困難に陥るかも心配で。

 

2兎目、うさ飼い歴12年。

いろんな経験をましたが、まだまだ悩み多き

うさぎとの暮らしです。

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
パパイヤン ラプソディ♪

ボヘミアンラプソディ フレディマーキュリー うさぎ ロック パパイヤ

 

映画『ボヘミアンラプソディ』の予告数十秒のCMでさえ

私の中の全米が感動で涙してるし(笑)

 

公開初日に観に行って

クイーンを胎教で聴かせたコドモーラと

レイトショーで2回目を観て…という今週末の予定(*'ω'*)

 

そんなパパイヤ…いやママミア フィガロなマディフィコごんぞ

お店でこれで最終仕入れだというパパイヤの見切り品、

廃棄処分の前に助け出し、またもや買い占めてきました。

 

シリシリスライス、天日で干してと。

 

加工するには秋冬の乾燥した日が最適ですね。

全乾燥させるのに2,3日は掛かりますが。

真夏は一日で乾燥パパイヤが完成するけど

見た目が良くないのです。

 

 

パパイヤ 乾燥パパイヤ ドライパパイヤ うさぎ おやつ

 

左が真夏の炎天下で急速に乾燥させたもの

右はこの時期の柔らかな日差しでじっくり乾燥させたもの

 

まるでガングロギャルと美白女子みたいな感じです。

 

パパイヤ1玉でどのくらいの乾燥パパイヤになるかというと

 

 

 

こんなもんです。

 

ジップロック中サイズに半分ほどの量。

手間と労力を考えたら、ペット用おやつ商品の方が

安いかも知れません。

 

いや、コストの問題じゃないよ

主の愛に勝るものなしッッ!!

でしょー('◇')ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
滋養強壮どんぐりの葉っぱ、そして再診

どんぐり うさぎ 

 

ウチで育てたどんぐりの木の葉

那須で拾ってきて植木鉢に植えたら

5年後には高さ40cmほどになりました。

まだまだ実は成りませんが

たまにタントのおやつで与えられるくらい

葉は生い茂ってきています。

 

タントは野菜はもちろん

野草や木の葉、落ち葉も大好物です。

 

 

 

頭上でフリフリしていたら

香りに気付いて足を止めました。

 

 

 

「くれーっっ!」

 

背伸びをして喰らいつきます。

 

 

 

もしゃもしゃと良い音を立てて

とても美味しそうに食べてくれるので

花が咲かない地味な山の植物でも

タントのために大事に大事に育てています。

 

 

 

はぁ〜、うまかったぁ♪

 

 

あーそーかい、嬉しいねぇ☆

食べてくれるだけでしあわせ。

食べられることもしあわせ。

 

タント、2度目の診察に行ってきました。

薬の効果があったようで、

レントゲンの結果でも良く分かるくらい

心肥大だか腫瘍は少し小さくなっていました。

呼吸の荒さはだいぶ収まってきたけど

まだまだだって先生は言います。

なので今回も血液検査は見送り。

ただ、体重が2.2kgから1.8kgに減少…心配。

写真ではモコモコなのだけど

抱っこがキライなタントは普段家で体重を測れません。

昨日キャリーに入れる際にタオルで動きを封じ

持ち上げて感じた軽さに少しドキッとしました。

筋肉が削げてきているそうなのです。

 

薬の量はそのままキープで

引き続き2週間分処方されました。

嫌がるタントにどう上手く飲ませようかと

飼い主が軽くストレス(笑)

口の横をめがけ百発百中覚悟でサッとシリンジを差し込み

一気にピストンを押し込むのだけど

タントもさすがの瞬発力でササッと避けるので

大事な薬がカーペットに含ませる事となり

たまに無駄になってしまいます・・・

 

「薬は絶対切らさないようにしてくださいね」

 

漏らした薬の分だけ

タントの生存時間を削ってしまっているような

そんな感覚に囚われて・・・あぁダメだよ! ダメダメ!!

あなたは前向きで凄いね〜! って誉められたばかりじゃないの。

 

給餌知らずで、自分でモリモリ食べてくれるだけでも

有難くてしあわせなんだよねぇ!(^^)!

ねー!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
日々の記録


 

朝晩は少し冷え込むようになってきました。

タントのケージ、ヒーターをスイッチオン!

温いかな?暑いかな?

うさぎさんにとってどれくらいが適温か、適温に悩むところ。

 

人肌が恋しいらしく、ケージに追い込む前に

わき腹にあごを乗せてぬくぬくとひと休み。

長男の絶妙なナデコに、タント酔いしれています。

 

 


タントの薬も残すところあと3日分となりました。

明日再診でまた処方されますが

こんなにニガイの、結果次第で減ればよいねぇ タント。

1パケあたり270円。

私の約15分ほどの賃金。

タントが痛みも苦しみもなく生きていられるように

オシゴトがんばる!

 

 


 

平年よりも高めな日中、散歩に行くと

10月桜が綺麗に咲いていました。

 

 

 

傍を通る人、誰も気に留めず通り過ぎていきます。

勿体ないな、自然はその時にしか目にする事の出来ないプレゼントを

日々魅せてくれるのに。

 

 

 

水槽組、黒チョビちゃんが一時的な転覆病。

 

慢性的に鰾(うきぶくろ)疾患があったり

餌の与えすぎ、エア喰い、低水温といろいろ要因がありますが

コレは食べ過ぎ、私の甘やかしです(;・∀・)

 

1日1回の餌やりで金魚は十分なのに

くれくれダンスを見せられるとつい

夕方もパラっと与えちゃう。

「ふぅ〜、喰った喰った〜」

と大変満足げなのは良いけれど

それも束の間、あっという間にくるっとおなかが上にひっくり返り

しばらく沈むことが出来なくなるのです。

 


 

動きもごはんも落ち着いているおしとやかな白チョビは

食後も自由気ままに水中を遊泳していますが

黒ちゃん、ヤンチャで食いしん坊だから

いつもガッツいては浮かんでる。

なのでうっかり夕方に餌やり(超微量)をしてしまった日は

就寝前までこの光景です。

(消化が進んでしばらくすると直ります)

 

哺乳類、魚類、植物

たくさんの命に囲まれて楽しい反面

手元に置いたからには「責任」という心地よい圧力を感じて

生き物と向かい合う日々を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
平凡が続きますように・・・

 

タント

心なしか赤い尿が出たので、急遽セルフで潜血検査。

よかった、陰性だ。ほっ・・・

いちばん上から潜血・蛋白・糖分

にんじん喰いが続いたからね、色素が尿に出たのでしょう。

 

毎日飲む薬はサボる事なくずっと続けています。

シリンジを見せただけで逃げられますが

忘れたころに撫でながら目を手のひらで覆って

口の横からぴゅっ☆

すぐさま口直しにドライフルーツのごほうびを与えます。

あ、もうないんだ…買ってこなくちゃ!!

 

 

 

ペレットも見直しました。

 

先生が「アガリスクが良い」って仄めかしていたので

なにかアガリスクエキスが入ったものはないかと検索していたら

見つけました。

バニセレのスーパーシニア!

バニセレはお迎え当初タントに与えていたものなので

信頼できます。

アガリスクのほか、コエンザイムやグルコサミンなど

ジジババに良い成分まで入っているし

なにしろ低カルシウムなので、尿結石症のタントには

うってつけのごはんです。

コスパに富んだラビットプラスには長らくお世話になりましたが

タントは高齢の域なのでここらでいっちょ切り替えとします。

 

少量ずつ新しい物を混入させて日に日に割合を増やしていくつもりが

初日でぺろりと平らげちゃった!

今までのラビットプラスもまだだいぶ残っているので

半々ずつブレンドして与えていくことにしましょう。
 

「アガリスク」は免疫向上や腫瘍の縮小化に期待が出来る成分です。

タント、私が思うに「胸腺腫」の可能性が高いな…

早く言ったら「ガン」と言うことになりますが

薬効と日々の大食欲と私の愛情を信じて接しよう。

 

 

 

牧草をあげようと袋を取り出した途端に太ももを噛まれ

「早くよこせ!!」と猛アピール。

なんなら袋食いすっか?と、好きにさせてみました。

 

いざ食べられなくなった時の為に他に食べられる牧草があればと

いろいろとチャレンジさせています。

今ウチに常備しているのは、一番刈りを筆頭に

サブで2番刈り、3番刈りを常備し始めました。

やはり柔らかい3番刈りは喰い付きが違いますね。

 

 

 

「喰った―!」

 

気の済むまで食べてきた後、私の傍に駆け寄ってきて報告。

くるりと向きを変えて私と同じ向きに並列するのがとっても可愛くて

可愛くて可愛くて(笑)

 

お金なんか生きていけるだけあればいい。

心配も何もない、平凡な毎日が

どうかずっとずっと続きますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
アナウサギ魂

 

あれ?

ケージにも外トイレにも居間のちゃぶ台の下にも居ない!?

タントー?

どこー!?

 

絶対部屋から出られるわけがないし

押入れの襖もきちんと閉めてあるし...

 

ガス台の下のキャビネットでカタカタ音がする。

茶色い毛だまが動いた!

あ、ナベ取ろうと思って扉を開けたまま

トイレに行っちゃったんだわ 私。

 

タントが潜入して冒険していました。

しっかりフライパンに乗っかっちゃっているし(~_~;)

アナウサギの血が騒いだかな?

洞窟探検気分でさらに奥地へ進んで行きそうだったから

おやつで誘って連れ戻しました。

 

ジャングルの奥は何がいるのか未知の世界。

仕掛けてあるゴキブリホイホイにタントが引っかかったら

たまったモンじゃありません!

まだまだ好奇心旺盛のタント爺さんです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
| 1/60 | >>