ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。

頭上り隊・隊員No.23

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ









THANX
SUPPORT



OTHERS
春到来♪

 

何年振りかに靴を買いました。

いつも黒のスニーカーばかりだったけど

今回は春ということもあって

パステルオレンジのスニーカーをチョイス!

中学生の頃に赤いコンバースを買った以来の色ものです。

いろいろ気を沈めていても仕方ないから

気分アゲアゲになるように

ビタミンカラーで前進あるのみ!

春のはじめの一歩をこの靴で踏み出しましょうか。

なんか5~6000円するタイプのがQ10で3千円台で買えちゃった!

 

オレンジって特別好きな色ではなかったのですが

何かと縁がある色なので自分への差し色にしています。

幼稚園ではみかん組に始まり

破天荒な振る舞いに「オレンジがイメージカラーだね」と人から言われ

タントは「ミニうさぎ オレンジ ♂」って値札に表示されてたっけ

ジョジョ第4部では「ナランチャ」(イタリア語でオレンジ)

が推しキャラだし(笑)

ソフトドリンクはオランジーナが大好きです。

 

 

 

春分の日の墓参りの天気が悪いとか

混雑するのを予想して、早めに両親の墓参りに行きました。

 

花木に囲まれた墓地、このところの陽気で春の花が

一気に目覚めた様子です。

梅 桜 レンギョウ つつじ

今週末にはソメイヨシノも仲間入りする事でしょう。

やっと暖かくなって多くの生きものと過ごす身としては

厳しい冬を乗り切ったという安堵感、感謝。

 

 

 

若い個体なら「ワハハ☆」と見てしまう寝相ですが

高齢で病気持ちだから

こういう風景を目にすると一瞬「ギョッ!!!」としてしまいます。

だだだ大丈夫だよね?

おなか、ちゃんとペコペコしてる?

すーはーすーはー・・・あぁ良かったぁ〜!

タント、呼吸がこれまでの数割減な身体だから

毎日良く眠れていないんだと思います。

ホカホカカーペットの上はとっても気持ちがいいよね

私もネットチェックをしながら、ついウトウトzzz

 

春眠、暁を覚えず

ふたり、しあわせな時間。

 

 

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
うさぎ飼いの闇を見た。

 

ところでうさぎの膿瘍という病気

先代うさぎが発症して病気に関して無知だった頃

藁をも掴む思いで何か良い情報はないものかと

こんな風に日々検索に明け暮れてたっけ。

あれから9年、医療の進歩は目覚ましくて

この子が生きてく先々には

膿瘍なんかほんのかすり傷程度のものになってるんじゃない?

…なんて、俄然期待と希望を抱いていたわけだけれど

悲しいかな、膿瘍はまだまだ不治に等しい病でした。。。

 

「完治します!大丈夫。」

 

なんて希望が持てる記事は今現在

全くもって目にすることがないです。

はい。。。(>_<)

 

目にすると言ったら

利用した動物病院をディスる記事ばかり。

闇落ちした飼い主さんの多いこと。

あそこの病院で殺された だの 担当医に見放された だの

私も経験者だから飼い主さんの気持ちは痛烈に分かるけど

なんだかものすごい執念というか粘着さんというか

病院の実名を記載した上暴言丸出しで書かれていたり

挙句はこれまでの診療費の返還を強要するとか

病院や医師に対する脅迫まがいな行動等

本当にたくさんたくさん目にしました。

主さんに対する同情よりも

人の心の暗くて深〜い闇を見て

自分もどうなってしまうのかと考えさせられます。

それよりもなによりも、毒親増殖に対して教師志望者が減るように

獣医師を目指す・獣医療に携わりたいという若い人の情熱が

失われることのないようにと願うばかりです。

 

犬猫飼いさんから見たら

「やっぱ、うさぎ飼いって独特よねー」

って言われちゃうのも分かります。

ペットシッターの方も、うさぎの依頼者に関しては

犬猫のそれよりも気構えしてしまうと聞きます。

 

私も前主治医に対してプチディスりした飼い主。

イラスト図説で(笑)

まーでもあんなのまだカワイイものですが。

この先生とは合わないとか信頼を失ったらとっとと変える。

もーゴタゴタ言わない。以上!

1番ダメなのは、「ウチの子が殺されたからココは利用するな」とか

自分都合の口コミで他の人を巻き込まないように。

あなたはイヤでも、その先生に救われた方は

少なからずいらっしゃるワケですから。

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
反撃のシッコ漏らし!

 

タント、きのう一日中不調でした。

病院に行った翌日は大抵そうで

ストレスのためか一過性のものだと思います。

部屋の隅っこところ構わずシッコをする、

それもマーキング程度の直径1~2cmのチビリ尿。

 

「あ~あ~、タントそっち行ったよ! ほら尻尾上げて腰を落としてる!

 

ジョォォォ・・・

 

そのたんびにティッシュとにおい消しスプレーを持って

後を追っていましたが

私も休みたいのでタントをケージに追い込みました。

寒暖差が激しいので、体調が不安定になっているのもありますね。

ヒーターが効いているケージ内で少しお昼寝させましょう。

フンもいつもより一回り小さいのですが

食欲は旺盛でチモシーも野菜も与えただけ快食してくれます。

 

 

 

冷蔵庫の野菜室はニンゲンよりもタント専用になりつつあり

葉物で満載です。

やがてチモシーも食べられなくなることを踏まえて

口にしてくれる野菜をもっと増やせたらいいなと思っています。

 

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

RABBIT... - -
セカンドオピニオン、結果(仮)

 

我が家にお迎えしたてのすやすやタント。

 

どんな風に育てようか

どんな性格なんだろうね? 

 

2兎目を迎えたばかりのしあわせ絶頂な時。

 

もしもこの頃に戻れるならば

まず「抱っこ」が平気な子にしときなよー!!って

過去の自分に伝えたい。

病院に連れて行く、薬を飲ませる、爪を切る…

抱っこが出来たらいろいろとラクだよ。

 

 

・・・・・前回記事より続き・・・・・

 

患部は心臓でなく肺。

腫瘍と言われるものは恐らく膿瘍(のうよう)の可能性が高いようです。

全身麻酔下、胸に針を刺して患部の細胞を採取し

生検をしなければ出来物の正体が決定付けられないけれど

高齢なので麻酔のリスク、手術による病巣切除はムリなため

ここで前向きな治療に関してはストップを即答しました。

 

「肺膿瘍」(仮)

 

先代うさぎが下顎膿瘍でした。

牧草よりもペレット食がメインで飼育された

小学校のうさぎ小屋出身の子です。

奥歯の不正咬合から膿瘍が発症し

片側の顎に膿が溜まり、おたふくかぜのように肥大

定期的にほっぺたから膿を掻き出していましたが

後に膿瘍菌が臓器に転移したと思われ

最終的には多臓器不全で月に還りました。

 

 

 

 

 

うーん、またしても膿瘍かぁぁぁ。。。

膿瘍って、歯や顎だけでなく

内臓のほか、眼にも脳にも発症するそうです。

膿といってもドロドロの液体ではなく

マスカルポーネみたいな白い塊です。

正体はそこらにいるブドウ球菌といった常在菌だそうですが

普段はおとなしくても、調子を崩した時に悪玉化するのです。

なので防ぎようがありません。

タントは肺に1つだけでなく数個の膿瘍が見つかりました。

これが増えるか大きくなるかでどんどん肺を圧迫し

呼吸を苦しくさせるのです。

血流に乗って他の臓器にも転移する事があるって

まるでガンと似てますね。

あぁ、打ちひしがれるでもなく

泣きたいけれど涙が出ない、なんだかもう複雑な心境です。

 

 

タント、出来るだけの事はこれからもする。

だからひとつだけ我がままを言わせてちょうだい。

還る時はひとりで行かず、絶対私に見送らせて。

 

※ うさぎさんは被食動物ゆえ、あまりにもツラいと

  自分で命をストップ出来るいきものなんだそうです。

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

RABBIT... - -
迷ったら、一歩次へ歩み出す

 

タントの病気に関連するエントリーを半日中徘徊していました。

 

同じような症状のうさぎさんのブログ。

健診は定期的に受けていたのに

レントゲンは項目に入っていなかったため

病気の発見が遅れてしまい

愛兎を失ってしまった主さんの記事…

とても無念だったことでしょう。

でもね、レントゲンが撮れても主治医の観点によっては

見逃されたり誤診されることもあるのです。

エキゾ医療に強いと言われる医師が恐れてばかりで検査を放棄

他の患者さんに気を取られて平等な診療が受けられないことも不満で

キッパリ腹をくくり、私は病院を変えました。

 

 

今日はセカンドオピニオンの地元の病院で2回目の診察。

 

 

同じく通院で会社を半休したジナンに、車で送ってもらいました。

 

 

居眠り中、無理っくりにキャリーへ拉致されたので

超不機嫌なタント(笑)

ごめんねぇ~。。。

 

午前中にCT機がある本院にタントを預けます。

午後に担当医師がいる分院に移送して頂き

結果の説明と今後の処置を相談する予定。

手ぶらで自宅に戻った私。

タントのいないケージ、ひとりぼっちの部屋

わーっっ!半日でも苦しいな、待つのって長い。

夕方予約患者が帰った頃合いにタントをお迎え。

診察室でタントと対面しました。

 

「この子は大人しいですね。じっとしててくれましたよ

   案外落ち着いた状態を保てますし、超音波検査くらいまでは

   全然イケると思うんですけどねぇ?」

 

あら、褒められた♪

若い獣医師は思い切りがいいな。

そして先生の所見。

初めて見るCT撮影の画像に驚きで

立体的な3D画像のタントの内部を見せられ

いよいよ病巣の説明となりました。

 

 

続きます。

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
なかなか不安定な時もありまして・・・

 

タントは上体を揺らすほど息が荒く

時々鼻孔を大きく開いて呼吸をしています。

お医者さんを変え、今週末のCT検査で

掘り進んで胸部の状態を再確認します。

タントの病気が実際どのようなものか分かると同時に

主治医に酷な話をされるかも知れません。

いずれにせよ、今年9歳、うさぎにしたら大台もイートコ。

何を告げられても揺るがず堂々と。

主の気持ちはタントはすべてお見通し。

それよか、動物さんたちはどんな寿命だろうとしっかり全うし

ニンゲンみたいに途中で投げ出したりはしないの。

 

調子も悪くなるよね

今まで大病もないくらいなのが凄いことだもの。

前兎を4歳で亡くしているから、大事に大事に育てて

先代の倍以上も生かせているから

尚一層進行形を続けよう!

私もがんばる!GOGO☆

 

 

 

私がこたつに入っているとダッと駆け寄って来て

私の隣にピタッ!!

おー、きゃわわ♪

 

 

 

病気が治るに越したことはないけれど

こうしてそばに来てくれて

食欲がまだまだあって

マウンティングでウキウキしたり、怒って噛みついたり

喜怒哀楽の表現が出来るんだもの。

寝たきりになるよりははるかにいいよ。

うれしいよ。

 

 

 

ほっぺた わしゃわしゃ。

 

主も歳をとったよ。

スマホカメラで思わずセルフィーになってしまった時の

気が抜けた自分の素顔のたるみ加減に

思わず腰を抜かしました(笑)

身支度で鏡を見ている時は、眼を大きく見開いたりして

気合入れてるんだもの(^^ゞ

もぅ、ビックリした。

あんな顔を家族に晒しているんだなぁ。

あーやだやだ。

 

 

 

日が差してきたので日なたにタントを誘導して

キャベツのおやつ。

暖かいね、春の日差しがポッカポカ。

 

擬人化タント爺さんと縁側でお茶したいね。

うひー!うさぎフォルムの影もかわいいよ♪

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
気持ちは花見、うさぎに愛

 

先日紹介した桜

晴天の下ではこんなに艶やかに咲き誇っていました。

陽射しは暖かだけど北風が冷たくて

ベンチでランチはまだ厳しい気温かな。

おまけに風で舞い飛ぶ花粉がすごい量!

雨上がりのベランダの手すりなんか

真っ黄色の豹柄でしたよ。。。

 

この公園で黄色といえば

ロウバイ

 

 

青空に黄色がすごく映えます。

ピークはやや過ぎてしまったかな。

黄色がちょっとくすんできてた。

 

久しぶりに望遠レンズをつけた一眼カメラを持ち出したのですが

やっぱり一昔前のカメラ

今のスマホカメラの方が哀しいけれど綺麗に撮れるし

設定や編集も指先でチョイチョイだもんね。

薄いし軽いし、全然楽だもの・・・

この前、暇つぶしにビックカメラに寄ったのですが

店名にもなってるメインであろう「カメラ」」のコーナーが

狭小化されてしかも隅っこに追いやられてた(;O;)

レンズ沼にもハマった位カメラが好きなので

なかなか哀しかったな。

  

 

 

午後から大好きなホームセンターにパトロール。

まずファンのウサギさんに会いにいって。

 

 

この子、本当にでーっかいのよ〜!

耳の厚みや四肢のたくましさにウットリしてしまいます。

 

「コンチネンタルジャイアント」っていう種の

今年4歳の男の子

248000円!!!!

囲いの中で見世物 放牧されています。

 

 


うさぎさんのウハウハなツボを心得ているから

ナデナデしてこの巨大ちゃんも倒すことが出来るのは

うさ飼いにとって至福♪

 

半年間、二週に一回この子に会いにきているので

日々見ているよりも変化に敏感です。

うさぎに寛大なお客ばかりでもないから

ストレスもたまって来ているのでしょう。

今日はなんだかやつれた感が漂っていて

ウンコの粒も二周りくらい小さいよぉ。

 

 

 

あ。

 

かかとにソアホック発見。

 

ペレットも牧草も水も十分与えられているけど

食餌だけきちんとマニュアルどおりに与えておけばいいって管理かな?

 

店員さんはメインの犬猫コーナーでお客の機嫌とりに一生懸命で

小鳥や小動物は二の次って感じがする。

どうせ殆どがバイトで責任すらなさそうね。

口頭で伝えたところで忘れられるか、誰かが対処するだろうって

お客業をしている私もしょっちゅう見ていることだから

本部にしっかり声が届くように

 

「簡略・・・早く治してあげてください・・・簡略」と

 

ネットでメッセージを送りました。

 

 

 

ミニウサギ☆ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
ウンコもれても うさぎなら。

 

のんびりタント爺。

 

よいね~、実によい。

あれ? でもよく見ると・・・

 

 

 

ぽこぽこと 続々とつぶつぶが産出されてるよ~(笑)

 

リラックスしている証拠だね。

うさぎさんのは乾燥しているので

指でもつまんでポイポイ捨てられる。

ニンゲンだったらそりゃあ大変さぁ。。。

 

タントの名誉のために言っておきますが

まとまった用足しは

きちんとトイレで済ましています。

気が緩んだ時や、呼ばれて駆けだした際に

ポロっと落として行く事は多々ありますが。

部屋の片隅にチョロっとシッコをしている時は

少し調子を崩していることと、ストレスが溜まっているサイン。

気を付けていなければなりません。

 

 

 

春の到来を告げる菜の花

 

ハウス物は12月辺りから店頭に並びますが

露地物は今が旬かな?

タントのために買ってくる事、何度の春を迎えたろ?

葉っぱの部分はタントが喰って

残りの茎は茹でてマヨタップリに食すのが私の楽しみで

先端のつぼみは亡き親の前に飾る。

無駄にすることなく皆で春を楽しみます。

このレモンイエローが目で春を実感。

しつこくなくて爽やかな色見の黄色に心ポカポカ。

葉のグリーンととっても相性の良い色味です。

 

 

タントと目指すは9歳のお誕生日。

更には来年の春もみんなで菜花を楽しめますように。

 

何度も綴っている事ですが

「いつものように」過ごせることに感謝をしましょう。

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
意を決して かかりつけ医、変更。

「やだなー、病院...」

 

タントが思うことは私も同じで。

 

 

前回の主治医の対応から

どんどん憎悪感は増し、でも薬が減ってきたしで

病院を変えることを決意。

 

飼い主の気分次第で愛兎のかかりつけを変えるなんて

言語道断かも知れません。

ただでさえ高齢でお外がキライなタントにとって

遠路への通院は相当なストレスです。

特に検査に意欲的でない、今後の治療としての手立てもなく

毎回レントゲンと診断結果も出ぬままの投薬のみならば

近くの獣医さんでも良いのでは?

と結論に至りました。

 

 日程を予約でき、なるべく近くの獣医師さん

同僚のうさ飼いさんのオススメもあり

自宅からチャリ圏内のところに決めました。

早速連絡を取り、うさぎ担当医のいる日時を予約。

これまでの経緯と診療内容を記載したメモも作成しておき

口頭での説明漏れを補います。

タントのセカンドオピニオンも兼ね、診療が進展すれば良いな。

真っ先に細かく記載したメモを褒められ、ホッ。

触診、そして体重を量ります。

2.2キロ。この大きさにしてはやや重め。

レントゲン検査で処置室に呼ばれ、画像の説明を受けました。

 

「うーん、どれが腫瘍だって言われました?」

 

心臓付近の薄もや部分を指差すとちょっと驚かれました。

レントゲンだけでは腫瘍とまで判別出来ないそうです。

これ以上の検査はやらなかったのか?と聞かれ、

前獣医は突然死を恐れて診てくれなかったことや

病名が不明のままステロイド系の薬を処方されていると報告。

 

「レントゲンだけでは病気は確定できません。

 ガンや腫瘍の場合はステロイドを用いりますが

 今の感じだと心肥大の可能性もあるので、この場合

 ステロイドは意味がないです。

 以前の獣医さんはうさぎに詳しくない方?

 犬猫専門なのかな?」

 

ぷ。

うさぎの専門も専門、YOUよりはかなり長~く

うさぎに携わっておられる先生です(笑)

 

「うーん、どうしようかなぁ」

 

と、この若い獣医も対処に悩んでる。

8歳うさぎってそんなに突き進んだ検査が難しいお年頃なんだなぁ。

そしてやっぱりここでも飼い主としての意向を尋ねられるのね。

気持ちとしては完治してほしいけど無理なのは覚悟した。

なら、リスクがなく受けられる検査をして

確かな病名を確定出来たらそれに準じた正しい投薬を処方

なるべく苦しまずに穏やかに余生が送れるよう望んでいます、と。

 

という事で、CTでかなり正確チックな結果が出るらしいので

それから今後の投薬を選んでいきましょうと決めて来ました。

二週間後、再診です。

 

停滞してたタントの闘病、一歩前進しました。

 

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
胸アツないろいろ

 

 

 

うふふふ、だーれだ?(笑)

 

うまうま動画でカメラにドアップされたメルさんのお鼻ぴくぴく!

相変わらずのガッツキップリ(良い意味で)が見てて嬉しいよ♪

先日、タントが摂取制限中の青パパイヤを

メルニコフ∞ラボのメルさんにおすそ分けしました。

メルさんとタントは同級生でおたがいに今年9歳を迎えます。

あっという間でしたねぇ2人ともまだチビッコだったのに。

私は幾度もタントに噛みつかれていたり

メルさんは様々な病気を乗り越えてきたり

悩みや苦悩がいろいろあったね。

らすっちょ、メルさん、これからもよろしくね!

 

 

 

タントはやっぱりこの状態が好き。

買ったばかりのふわっふわな毛布なんだもの

人間だって心地よいよ〜。

前のは何度も洗濯を重ねて毛束が絡まっていて

タントが咬んで穴だらけになったボロボロのルンペン仕様。

あれじゃあね、掛けていてもすーすーと寒かったよ。

 

 

今夜は関東平野部でも雪が降るとか言われてるけど・・・

 

 

胸アツ特別上映会!

 

チケットが取れました☆やったー!!

てことで7度目のボヘ美決定です(笑) いい加減これで最後にしよう。

 

木曜日の出勤前にラジオを聴いていたら

ボヘミの興業100億突破記念で、サッシャが司会で

特別上映会をやるっつーじゃないの。

マスゴミの取材も入るそうだし、ゲストはいったい誰だろう?

招待企画で速攻応募したけど見事に外れたから

今夜のチケット取りで金払ってでも行かなくちゃ!と

風呂上がりにネットに張り付きました。

 

 

夜中の0時に争奪開始とともに早くも空席が消えていく・・・

白い空きをアチコチポチせども

「他のお客様が購入されました」と出るわ出るわ。

開始五分やっと後方の端ですが1座席をゲットしました。

仲間内で連続席を取るのってかなり難しいよ、この上映会。

上画像は私が購入直後の残り座席です。

ものの10分で完売・・・(;´・ω・)

周りにクイーン好きがいないので単独で行ってきますよ!

一緒に歌ったりスタンディングしたり、モチロンコスプレもOKだそう。

何着ていこう、なにか作るか?( *´艸`)

うわぁ、楽しみだなぁ♪

 

 

ボヘミアンラプソディ フレディマーキュリー クイーン 胸アツ 日比谷 上映会 コスプレ

 

昨年の公開以来、家でのBGMはSPOTIFYでクイーンばかりです。

し、か、も。

風呂で聴きながら寝落ちして、前スマホのiphone6plusを

浴槽に落としました。

モチロン防水仕様ではないです

うわぁぁぁん・・・(´;ω;`)

 

 

 

 

 

RABBIT... - -
| 1/63 | >>