ENTORIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
INFO
金魚ブログやってます
PROFILE
BLOG MASTER GONZO

MAIN CHARACTER Tanto 2010.8月夏の真っ盛りに我が家へやってきた男の子
Tanto

2019.10.20 月へ旅立ちました。

another GONZO 絵日記でのごんぞ
たてまえ払拭、ホンネ全開モード。

頭上り隊・隊員No.23


THANX
SUPPORT



OTHERS
不要不急だけど、ドライブ行かね?

私の大好きなドライブコース

江戸川の細い土手道と水元公園へ通じる道。

今はソメイヨシノが一斉に咲き誇ってとても見事かと思います。

不要不急の外出は控えてと言うけれど

車の中なら良いかしら?

それにしてもこの国の首相夫人ってバカなの?

パリピBBAがファーストレディなんて呆れる。

ワーストレディ、アッキーだ。

それはともかく

ごんぞとドライブ気分を味わいませんか?

車中終始無言で申し訳ないけど

2時間ほど走りましたが編集は切り詰めた上に

2倍速でサクッと約30分ほどです(^^;

 

水元公園の桜並木を堪能しながら

江戸川土手を北上し、千葉県野田市までのチョイ旅です。

このお気に入りのルートで

しょっちゅう片道30km先のスーパーまで

ドライブがてらに買い物に行きます。

仕事柄、他店舗の偵察大好き人間!

では参りましょうか。

 

 

 

PCがなくてもスマホの編集アプリだけでここまで作れるなんて

今は本当に便利な世の中ですねぇ〜。

 

 

 

タントの前に飾るため

掴めるだけの菜の花を摘んで来ました。

やさしい春の香り、おひさまのような眩しいイエロー

タントは「茎と葉の方がいい!」って言うんだろうな。

タネが取れたら家にも植えようね!

 

 

 

ほーら、キラキラ。

部屋がパッと明るくなります。

 

 

 

先日拾ってきた桜の花も

水を張った器に入れておくだけで

萎れずきれいに生きてくれています。

落ちようともこうしてまだまだ頑張ってくれている花に

コロナストレスでカツカツな心を癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
さくら🌸パニック

 

こんな気持ちのよい春の日は

タントと日がな一日、タントの窓辺でお庭に萌え出た新芽でも

肩を並べて眺めていたかったねえ。

 

昨年は桜まみれにしたタント

 

 

 

今年の桜をまぶすのは遺影前だぜ!イェーイ!

なんてさ・・・はぁ。。。

 

今年は桜の開花が早くって

樹によっては満開の子もいますよ

道端に落ちている花は

小鳥が蜜を摂るためにプチっと啄んだ残骸です。

そんな小鳥のおすそ分けの中から綺麗なものを

今年もタントに見せるために拾って来ました。

 

寒い冬にサヨナラして

ようやくやってきたあったかい春を

タントと一緒に愉しんだよね、いつでも何度でも。

そんな春は去年で終止符

今年はひとりでお花見してるよ。

 

 

今日はねー、疲れたー!

都知事のひとことで勤務先、超パニクってたよ。

お店なのに売るものが無くなってる!

 

 

買占め 食糧不足 売場 

 

帰りまで持つだろうとチラチラ様子を見てたけど

退社後に売り場に出たら

生鮮から始まり、カップ麺や冷食はもちろん

肉もパンも壊滅状態!

何もなくなってて今晩食べるものがないから

今夜はお弁当ですよ!アララ。

 

年末以上にお客さんがお店に押し寄せてきたので

「イヤだなぁ〜」って思いつつレジ応援に入ったら

長蛇の列が出来ちゃって全然抜けられない!

カゴ満載を相手に1時間半レジに拘束

もー喉ガラガラ。。。

後で聞いた話

前年度売上高より200%増の売り上げだったって!

特にウチを含む区内の2店舗が凄まじかった様子(笑)

昨秋の大型台風の時

水没する消滅区として全国区に知れ渡ったから

区民一同、危機管理に凄まじく敏感になっているみたいです。

 

大丈夫!

紙も食品も問題なく毎日ガンガン入ってきています!

ただ売り場に出す人手が足りない。。。

品出しても買占め隊が並んでて争奪戦になるので

品出しが間に合わないのです。

食品と紙製品の不足はいわば人災

みんなが必要なだけ購入すれば特に問題はないのにな。

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
いなばのGONうさぎ

100日後に死ぬワニ ステマ

 

おめーら、いいヤツだなっ!ははっ‼

 

 

100日後に死ぬワニくんの話は

ツイッターをチェックするほど私にヒマはなく

毎回死へのカウントダウンをハラハラすることもなかったので

何の話?というウラシマ状態でした。

まとめで一気に観てみたら、あらまぁなんだかほのぼのシミジミ。

ワニくんみたいに生きたいな、いや逝きたいかな。

 

その後の顛末がなんともイヤな世の中だなぁと。

書籍化、映画化、ミュージシャンとのコラボ動画発信

キャラグッズのショップの展開ときたら

転売ヤーの買占めにグッズ転売・・・

なんでも商売の匂いがプンプン、ステマとかさぁ

こら、電通!

感動した気持ちを返して〜!(泣)って感じよね。

 

 

 

ILLUST... - -
そして私はたねを撒く

 

春のお彼岸、終わっちゃうね。

 

3月のタントの月命日はちょうど春分の日でした。

これから昼間の時間が長くなっていくのです。

今年の冬はいつもより寒さも厳しくはなくて

とっても過ごしやすかったけど

タントがいない初めての冬、

生きたモフモフレスの季節は辛かったな。

 

前回活けたスイートピーに加えて

チューリップとスターチスを追加しました。

前々回のガーベラも水切りしてあげてたら

まだまだ頑張って咲いてくれています。

ありがとう。

 

タントがいなくなってから初めてのお彼岸

ということで何か記念に出来ないかな?

そうだ、たねを撒こう!

何かが私を突き動かしました。

うさぎに関したもの・・・「バニーテール」‼

 

 

 

 

タントがいた頃、買ってきた苗からたねが溢れて

数年間毎年生えてきてたのだけど

いつの間にか朽ちちゃった。

ネコジャラシの仲間で本当にかわいい穂なのです。

タントに葉っぱを与えたら穂まで食べちゃうほど

私もタントも大好きなグリーン!

 

 

 

 

メルカリを眺めていたら

私が育てていたものより穂が長い珍しい種が出品されていたので

購入してみました。

 

 

 

商品紹介でこんな画像が貼り付けてあったので

てっきりこの状態で手元に届くと思いきや、

 

 

 

これっポッチのパケで郵送されてきたので腰砕け(笑)

 

それでも「100粒ほどのたねは入っています」というけど

不振ながらも数えるのもめんどっちぃので

さっそく植えてみましたよ。

 

 

 

日中日当たりの良いプランター。

 

ずっとタントの野草を育ててきた土です。

肥料を撒いたり、コーヒーや茶殻を混ぜたり

落ち葉を掻き込んで腐葉土っぽくしたり

フカフカになるように手入れしてきました。

今日の強風で油断すると飛んでってしまいそうな軽い穂を

手っ取り早く溝に置いてさっと土を掛けたら

液体肥料を薄めた水をシャワーします。

 

撒きどきは今月いっぱいくらい。

順調にいけば、初夏にはうさぎの尻尾のような

可愛い穂が見られる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
本人にとっちゃ「ヤダ!」な写真

 

一見「うさぎ」とは思えない、不思議生物なタント。

 

画像のデータを見たら2018年1月ですって。

まだ病気の片鱗もなく、異常なことは何も認められない

健康優良児⁉

でもみるからに肥満気味じゃない?

冬毛でモッコモコだからかなぁ?

こうしてよくお座りしたままユラユラと揺れながら

グースカ居眠りすることが多かったね。

撫でると「はっ」とうす目を開けて

ムニャムニャしながら前脚を猫のように胸に折り込み

ストンとおだんごになって二度寝を始めたんだっけね。

 

寝ているタントの頭や背中に鼻を潜らせて

思いっきり深呼吸してみるのが大好きだった。

うさぎの毛の匂い、今でも鮮明に思い出せるよ!

パンの匂いの中に微かな牧草の匂いとおひさまの香り。

あぁ、この匂いフレグランスにならないかなぁ〜。

淋しくなったらいつでもシュッシュッ

懐かしんできっと泣いちゃう。

 

 

 

そして続いて目に止まった写真・・・

タントが一番嫌だ!と思うに違いない写真なら

この1枚だなぁ。

 

 

 

昨年の2月だったね。

 

胸腺腫が発覚して通っていた病院、通院最後の朝。

病院までのロングドライブに加えて毎回朝の渋滞に巻き込まれるので

タントにとっては苦痛だったね。

まるで駄々をこねるようにケージに逃げ込んで出て来てくれなかった。

しかも牧草入れの中に入って体を硬らせ

まるで「僕は透明であなたからは見えません!」って訴えるように

恐怖でカタカタ震えてた。

かわいそう、本当にかわいそうだったな。

このころ担当医の対応も気に入らなかったので

これをきっかけにタントのためにも

すぐ近くの病院に替えたんだ。

 

恐怖とも怒りとも取れる独特の耳の様子

生気を失った瞳、イヤだったよね

ごめんね、タント

本当にごめん。

この写真を目にすると何時でも胸が苦しくなって仕方ありません。

 

もうダメだと思ったら医者に駆け込まない。

強制給餌も辞めて自然のままに委ねる。

あと少しの時間なのに嫌な思いをさせて旅立たせない。

不安だから病院に預けてしまうなんて

私にとってあり得ない事です。

横たわったタントに最期のなでなでをしながら

「ありがとう」を伝えられたこと

そしてその日はずっとタントの傍に居られた事を

本当に嬉しく思うよ。

別れは辛いけど、おかん最後のお願いを

きちんと聞いてくれた事、本当に感謝しています。

 

でもさぁ、そんなにそっちは楽しいの?

最近まったく気配を感じないんだよね。

ほんの1カットでもいいから、たまには夢に出て来てよ。

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
今では朝のルーティンが

 

今日はねぇ、白とピンクのスイートピーと小麦ね。

 

春らしい色で気持ちが向上します。

ガーベラは前回活けた分のまだ元気な子を残しました。

萎れた花を抜きつつ、まだ頑張れる子は花が果てるまで

きちんと見届けてあげるんだ。

タントの遺影前は春のお花でワクワクです。

 

部屋にお花があるといいですね。

茎を切られたとしても水を吸って強かに生きている。

コロナ騒動でみんな自宅で過ごしているから

気分転換にお花を飾る人が増えているそうで。

いいことじゃないの。

無言でそこに佇んでいるだけでも

花は癒しを与えてくれて

世話をしてくれる人の悪いものを背負って枯れていくのです。

花にお金をかけるなんて勿体無い…っていう人がいるけれど

神仏へのお賽銭だと思えば安いと思う。

その上カタチとなって家に迎え入れ

綺麗な姿を眺められるのだから。

 

タントのお世話から

切り花の水替えで私の朝が始まります。

生きもののお世話をするってやっぱり楽しいですね!

その割合は私の人生の大半を占めてるんじゃない?

両親、子ども、共に生きて来た生きものたち。

自分のためには何かしてるかな?

ナイナイ!

バランスよく食べる事と食べすぎない事くらい。

スキンケアどころか、眉毛描くだけでノーファンデ。

もうごんぞは老いさばらえてコ汚くなってきてるんだもの

タントがいなくなってさらに老けたかもね。

今更飾り立てることなんて無駄だと思ってる。

アッチコッチと気ままに旅に行こうかなんて夢も

プランの段階でとっても面倒くさくなってきて

「やっぱ自宅サイコー!」です(笑)

 

いつものように平凡に過ごせる事がイチバン良いね!

 

 

 

コケリウムも始めています。

メルカリで見つけたホウオウゴケに一目惚れ。

鳳凰の尻尾のような形状が美しい子です。

九州からの郵送の旅を終え、早速グラスに水を注いでお疲れさま。

日を当てているとぷくぷくと光合成を始めました。

小さくてもしっかり生きています!

グリーンも大好き!

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
またひとり、そちらへ向かったよ

 

タント、タント、起きていますか?

 

いつものこの時間帯だと、おかんは入浴中で

お兄ちゃんたちがプレステ4でネトゲーをやってて

撃ったの、撃たれただの

世界最速だか知らんがNUROネットが

ウチではメチャクチャ遅くって

「タイムラグ酷すぎ〜ッッ‼クソだ!」

ってキレまくっていたんだよね。

ドッカンドッカン爆破音や銃声音の嵐の中

我関せずで、タントったらホットカーペットでスヤスヤだったね。

 

今日、またひとりそちらに飛んで行きました。

妹の嫁ぎ先のうさぎちゃんだよ。

 

 

 

お姑さんがタントと同じ時期に飼い始めた男の子でね

タントと同じようなチビッコ加減だったからきっと同い年だよ。

名前は「ミュウ」というの。

タントと合わせて「ミュータント」じゃん(笑)って

面白がってた。

お姑さんがたまたま寄った梨園内にうさぎが放飼いされていて

農家のおじさんが「好きなのいたらもってっていーよ」って

お迎えしたのが白いこうさぎのミュウくん。

 

今ね、LINEでお話を聞いてたの。

そしたらなんと!タントと同じ病気だったって。

ミュウくんは病気発覚からすぐに酸素ルームを用意して

おうちで二週間頑張ったけど、あかんかったそう。

それ聞いたら、タントはきっと苦しかっただろうに

1年もおかんと寄り添って過ごしてくれたこと思い出してしまって

また何だか泣けてきちゃう。

無理させてごめんね!

 

だんだんとね

こっちの世界よりもそちらの世界の方が楽しそうに思えるよ。

親しかった人、好きだった人たち

飼ってきたみんながいるところ。

死ぬのなんて怖いどころか、みんなに会えるのが楽しみになって

ワクワクするよ!

でも今さ、お魚さんをお世話しているから

もうちょっと待っててね、タント。

そうそう、ミュウくんとタントは初めましてだけど

今ビジョンを送るから、どうかやさしくお迎えしてあげて下さい。

 

それではいつかまたね。

おやすみなさい。

 

 

 

 

RECOLLECTION... - -
空白の2013年…

 

タントの写真を一通り整理をして

手を止めてしばらく眺めていたのですが

 

うんうん、あぁ懐かしい・・・

んっ・・・?

ぇあ・・・!?

なぬぅ〜ッ!?!?

 

お迎えしたのが、2010年

最終年が2019年、一年毎にフォルダーを作ってまとめていたところ

「2013年」のフォルダーがまるっと見当たりません(泣)

年の瀬にスマホやデジカメから採集した写真を

まとめてハードディスクに収める作業の際

きちんと確かめて年度が揃っているのを見届けた筈なんだがなぁ?

 

「あれっ?あれれれっ!?」

 

半分泣きそうになりつつ他のフォルダーに紛れ込んでいないかと

一縷の望みをかけて全てチェックをしたのですが、無いのです。

その年は撮らなかった筈なんてありません。

でもちょうどスマホが庶民に浸透し始めたと同時に

デジカメ衰退の始まりの頃。

初めてのスマホがAndroidのメタクソ画像が悪い中華スマホで

あまりタントを撮らなかったのは覚えています。

併用していたコンパクトデジカメや一眼、

そしてミラーレスカメラに入れておいたSDカードからも

タントの画像は全て抜き取って保管していたつもりだったのです。

念には念をで、ハードディスクだけなく

早々にGoogleフォトにぶん投げておけばよかったな。

 

タント うさぎ真っ盛りの写真たち、

まずいよ、どっかに行っちゃった。。。

コピペで上書きしているときに

最悪ファイル毎消してしまったかも知れにゃい。。。( ;  ; )

 

 

あーやだもう!

頭を冷やしに花粉とコロナが渦巻く外へと散歩。

 

 

100均では春のバージョンが展開されていました。

 

 

イースターも併せてうさぎグッズに溢れています♪

手元にうさぎはいないけれど、やっぱりついついチェックしてしまうよ!

特に薄茶ッ子には目がナイナイ(笑)

 

 

 

かわいいのww

 

⬇ 首から下がブラウンのうさぎさん!

何故こんな彩色?まるでレオタードを着ているみたい。

ふふふ、なんて懐かしい子、タントが子うさぎだった頃のうさセンパイ

「みーまん」くんにソックリです( * ॑꒳ ॑* )

 

 

12歳という大往生だったそうで、すごいなぁ〜と感心しました。

タントはまだまだ足元にも及ばないよ。

1度お家に遊びに行ったね。

やさしくてとても穏やかなうさぎさんでした。

 

 

楽天を眺めていると、いつも表示されるもの。

 

 

馴染みのあったグッズたちがいまだにワンサカお勧めされて

寂しいったらありません。。。

うさぎさんがいつもそばにいる人、いいなぁ。

私にはタント以上の子にはこの先出会えそうも無いし

新たに新しい絆を作り上げる気力もありません。

時には面倒とか煩わしいとか思う時もありましょうが

今いる子を大事に大事になさってあげて下さいね!

 

倒れても臭くても、タントはかけがえのない私の大切な子でした。

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(2) -
月命日

 

お久しぶりです。

 

20日はタントの月命日。

あれからタントの遺影前には欠かさずお花を飾っています。

大好きなチョコレート代を削って花を買っています。

スイートピーとラナンキュラス。

なんてファビュラスな春のコンビネーションなんざましょ(^^)

チョコレートは毎日欠かさず食べていた私の好物だったのに

今はあんまり口にしなくなりました。

甘いものを食べなくなったら

心から「楽しい!」って思う事もなくなってしまうのかしら?

 

最近の私のスマホのアルバムときたら

うさぎさんが絶滅危惧種。

撮ると言ったらおさかなと季節の花々くらいしかないんだもの。

 

 

 

町の公園に植わってる

桜界きっての早咲き、河津桜が満開です。

花の季節の到来で、少しは気分が解れてきそう。

ちょっと濃い目のピンクが青空をバックにとても映えます。

 

 

 

菜の花のイエローも目に優しくて、思い出すよ。

タントと私の共通の大好物だものねぇ🌸

 

菜花が今年も八百屋に出回って、もう3回も買いました。

タントは生で、私は茹でて。

少しの苦味がハマってやっぱり美味しいな。 

タントは毎回蕾の部分はまるまる残してた。

それを「もったいないよ」と拾っては、茎と一緒に茹でて

マヨネーズを大量に盛ったら私の分、一気に1パック食べちゃいます。

 

今年の春は1人でシミジミと、泣きながら食べてるよ(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ ) 

 

毎月恒例に行われているお寺の慰霊祭

丁度自分の休みと合ったので3ヶ月ぶりに行って来ました。

誰でも無料で供養法要をしていただけるので

今回はタントだけでなく、先代のポンや金魚たちの名も書き添えて

お経と共に読み上げていただきました。

どうかどうか、あなたたちの次生が健康で幸多きものでありますように…

合掌。

 

 

お寺の枝垂れ梅も今が見頃。

まだちょっと寒いですが、花の饗宴が始まるので

もっともっと心を上向きにしていきたいですね!

 

月命日にはブログ更新していきたいと思います。

いつもご訪問下さいまして有難うございます( * ॑꒳ ॑* )

 

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(1) -
タント、百箇日

 

百箇日。

 

亡くなってから100日目を指します。

仏教では「卒哭忌」(そっこくき)とも言われ
「卒」は終わるという意味で卒業の「卒」
「哭」は声を上げて泣き叫ぶこと、慟哭の「哭」と書きます。
最愛のものを失い悲しんでいた者は、泣くのをやめ

現実に目を向けて前に一歩踏み出しましょう、
それが「百箇日」または「卒哭忌」と言われる日だそうです。

 

私は・・・

そうだなぁ、タントが逝ってからの年内2ヶ月と10日は

深く哀しみに暮れた毎日をマシーンの如くこなして送って

行く先々で突如泣いたりもしていましたが

大晦日に少数のうさ友さんに送る賀状を書いていたら

なんだか少しずつ気持ちが吹っ切れてきたような。

 

そう、明るく元気でいなくちゃね!

 

私が沈んでいたり心配事を抱えていると

タントまで調子を崩すことがこれまで多々ありましたから。

でもね

うさぎさんの姿やモチーフを見ると、やっぱり思い出しては

ついつい涙目になったりしちゃうんだよ。

それくらいは許してね、タント。

 

 

 

 

もう一昨年前の事となってしまうのですね

病気を発症してまもないタントと私の団欒のひとときです。

反抗してばかりだった子うさぎが、全てを私に委ねるまでに。

お互い歳を取ったねえ。

山あり谷あり血もありナミダもあって

しょっぱくも甘〜い私たちの思い出は

まるでハッピーターンのように時々つまみたくなるのです。

古い画像を見返しては笑ったり、ちょっぴり涙ぐんでしまったり。

 

仕方ないよね、私 どんだけタントのこと大好きだった事か。

 

 

 

 

RECOLLECTION... comments(1) -
| 1/160 | >>